脂肪吸引はリスクが多い?手術前に理解しておきたい心得とは

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

美容整形

最後の砦とも呼べる脂肪吸引

脂肪吸引手術の広告でよく見かける、術前術後の写真。その大変身は一見華やかですが、ある程度のリスクを我慢する必要がある事をご存知でしょうか?一度脂肪吸引の手術を行えば、脂肪細胞そのものを消滅できるので2度と太ることはありません。成功例も多くその費用も高額なので、ダイエットの最終手段と呼ばれる事も頷けます。しかし、手術前はある程度の心積もりが必要。信頼のおけるクリニックやドクターを選ばないと、後々自身が泣く羽目になるからです。今回は脂肪吸引におけるデメリットや、良いクリニックを選ぶ方法を伝授したいと思います。

手術後に待ち受けるダウンタイム

「ダウンタイム」という言葉をご存知でしょうか。美容クリニックでよく用いられる用語ですが、その意味は手術後一定期間に現れる痛みや腫れ、青あざのことを指します。これらは脂肪吸引手術においても例外ではなく、期間や症状の程度にも個人差があると言われています。また、術後は医療用の圧迫下着を着用する必要があり、いつも通りの生活が送れずストレスを感じる機会も多くなります。そして見た目の変化を感じられないことから、本当に脂肪がなくなったのか不安になる方も多いようです。脂肪吸引手術を受けたいなら、心身的なダメージに耐える覚悟が必要と言えます。

脂肪吸引の実感は3週間目以降から

脂肪吸引の登竜門とも呼べるダウンタイム。術後の痛みや腫れの改善までに、少なくとも2週間の期間を要すると言われています。術後2週間から3週間目に入るとこれらの症状から開放され、何とか普段どおりの生活が送れるようになります。見た目の変化が現れてくるのは3週間目以降から。患部に触れると、硬くつっぱったような感覚があります。1ヶ月から2ヶ月、3ヶ月目以降はサイズダウンをより実感でき、色素沈着や傷跡もどんどん薄くなります。日常的な支障や我慢も一切なくなり、今までの努力が実を結んでいると思える期間です。

大手術だからこそクリニック選びを大切に

これまでに述べたとおり、脂肪吸引を気軽にできるシミ取り施術と一緒に考えてはいけません。体の広範囲に行う大手術なので、クリニック選びを誤ると悲惨な事になります。強い意志や手術費用をドブに捨てないためにも、信憑性のあるホームページや口コミサイトからクリニックを選ぶ事が大切です。そして実際にドクターに会い、カウンセリングなどで相性を確かめる事もお忘れなく。また、信頼のおけるドクターは技術を安売りしません。間違っても、低価格な手術費用の謳い文句に惑わされないでください。安さを売りにした脂肪吸引は、仕上がりもそれなりである可能性が高いからです。