ダイエットに効果が期待できると噂のハイフ!デメリットは?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

エステ

2019年2月8日

ハイフにデメリットはある?

ハイフは、体を傷付けずに簡単にダイエットができると評判の機械です。これには、「医療用」と「エステサロン用」があります。美容クリニックやエステサロンで施術を受けることができます。ハイフは、簡単にダイエットができ痩身効果を得られるという反面、デメリットもあります。ハイフの施術は、デメリットを把握したうえで受けるようにしましょう。

火傷や神経損傷と痛み

ハイフは、機器を取り扱っている美容クリニックとエステサロンであれば施術を受けることができます。しかし、美容クリニックとエステサロンには大きな違いがあります。それは、医師資格の所持!エステサロンでは、医療用のハイフは使用できません。しかし、違法に医療用のハイフを使用しているエステサロンがあります。肌に火傷をさせてしまったり、神経の一部を損傷するという事故も起きています。ハイフの施術を受ける時には、施術先の評判などを参考にすると良いでしょう。そして、ハイフは、痛みがないというのが人気の1つです。実際には、人によって痛みの感度は異なります。ハイフは熱を照射するので、チクチクした痛みを感じる人もいます。ハイフの機器によって、肌への負担を減らす冷却機能が備わっているタイプもあります。肌が弱い人や痛みに弱い人は、事前に相談をすると良いでしょう。

全ての人が利用できるわけではない

「ハイフは簡単に痩せれる!」と、多くの人がダイエット効果を期待します。しかし、痩せたいと願う全ての人が利用できるものではありません。ハイフは、脂肪の厚みが2.5センチ以上なければ施術が受けられない場合があります。脂肪細胞に厚みがないと、他の組織を傷つけてしまう可能性があります。ハイフを利用したい場合は、一度施術先へ聞いてみるようにしましょう。

ハイフのデメリットは頭の中にいれておくことが大切!

ハイフは、ダイエット効果が期待される最新技術です。ダイエット効果が大きく期待できます。しかし、機器も高額!そのため、1回の施術でも費用が高くなります。ダイエットをしたい部位や脂肪の量によっては、施術が数回に渡る場合があります。そして、美容クリニックとエステサロンでは費用も異なります。例えば、美容クリニックでお腹周りにリポセルのハイフを使用した場合、1回90ショットで30万円前後の費用がかかる所もあれば、1回4000ショット5000円以下でハイフの施術を受けられるエステサロンもあります。ハイフの施術を受ける時には、費用の面においても考慮することが大切です。しっかりとデメリットを把握した上でハイフの施術を受けるようにしてくださいね。