後ろに歩くだけで効果が2倍?後ろ歩きダイエット

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2018年1月4日

後ろ向きに歩くだけでダイエット効果が

有酸素運動は脂肪燃焼に効果が高い運動として知られ、多くのダイエット方法でも採用されています。手軽に行いやすい有酸素運動には、ウォーキングやジョギングが挙げられます。新しい、変わった有酸素運動がないかと思っている方にオススメしたいのが後ろ歩きダイエットです。単純に後ろ向きに歩くだけだと思われがちですが、実は通常のウォーキングよりも高い効果ができるといわれています。後ろ歩きでは、普通に前へ進むウォーキングではあまり使われることがない太ももの後ろ側の筋肉などのインナーマッスルをよく使うので、筋肉バランスが改善され、カロリー消費につながります。一説には、後ろ歩き10分は通常のウォーキング20分の効果があるといわれるほどなのです。

STEP1

ステップ1のイラスト

背筋を伸ばして、膝を高く上げることを意識しながら後ろへ歩きます。

STEP2

ステップ2のイラスト

太ももの筋肉を伸ばすような感じで、足を大きく動かして歩きましょう。歩いている時は猫背にならないようにするのがポイントです。

STEP3

ステップ3のイラスト

長時間の後ろ歩きは危険を伴うため、30歩~50歩を目安に通常のウォーキングに戻します。2種類の歩き方を組み合わせて行うのがおすすめです。