壁斜め懸垂でたるみ二の腕エクササイズ

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動 部分痩せ

2018年1月12日

服で腕を隠すのはもうおしまい!たるんだ腕をひきしめよう。

二の腕のたるみが気になる女性は多いでしょう。ノースリーブを着たいのに、二の腕が気になって諦めてしまったり、隠していてもバイバイと手を振った時の揺れで、現実を思い知らされたり…。今年こそ引き締まった二の腕を手に入れるためにも、二の腕エクササイズをはじめましょう。重いダンベルや強い負荷をかけるゴムチューブは必要ありません。家事の合間に簡単に行えるので、日常生活の中に取り入れてみてください。

STEP1

ステップ1のイラスト

このエクササイズは、床で行う腕立て伏せよりも負荷がかからず、初心者でも簡単に行える壁斜め懸垂です。家の中の壁、柱がしっかりしている場所を選びましょう。

STEP2

ステップ2のイラスト

壁の方を向き、壁から足2つ分ほど離れた場所に立ちます。

STEP3

ステップ3のイラスト

腕を肩幅に広げ、壁に手のひらをつけましょう。このとき、かかとはなるべく床から離さないように維持し、手は胸の高さでしっかりと壁を押す姿勢です。

STEP4

ステップ4のイラスト

腕を伸ばして体重を支えている姿勢から、ゆっくりと腕を曲げながら、上半身を揃えて壁に近寄ります。横から見ると、腕立て伏せを壁で行っているような動作です。二の腕を意識しながら、15回程度を1セットとして、複数回できると良いでしょう。