ママチャリ派必見!自転車でインナーマッスルを鍛える

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2018年2月5日

自転車は「腸腰筋」を鍛えられる!

日常でよく乗る自転車。交通手段として便利だけど、そのダイエット効果となると疑わしいなんて思っていませんか?またママチャリには乗るけどロードバイクじゃないから効果なんてないと感じている人も少なくないでしょう。でも実は自転車はインナーマッスルを鍛える有効な手段なんです。自転車こぎだからこそ使われる筋肉「腸腰筋」。これは背骨と太ももをつないでいる体の軸となる部分についている筋肉で、立っているときに上半身を支えているます。この筋肉が衰えると、背骨が曲がったり、姿勢が悪くなりぽっこりお腹の原因にもなりかねません。自転車の乗り方ポイントを抑えて、効率的に「腸腰筋」を鍛えましょう。

STEP1

ステップ1のイラスト

まずはペダルを漕ぐ位置です。足を反らしたときに足裏の親指の付け根あたりに山ができて膨らみますね。そこを母指球と言いますが、そこをペダルの中心に乗せるようにして漕ぎます。

STEP2

ステップ2のイラスト

次は漕ぐ速さです。軽く息がはずむ程度の速さで漕ぎます。ペダルは1秒間に1回転位が目安です。

STEP3

ステップ3のイラスト

自転車で効率よくダイエット効果を得るためには、ペダルの回転数を増やすのがベストです。ギアつきの自転車ならギアを軽くして回転数を多くし、運動量を増やしましょう。