家でいつでもできる!スクワットで基礎代謝をアップ

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2018年1月28日

スクワットは立派な有酸素運動のトレーニングにもなる!

スクワットは身体の負荷を減らした簡単なスクワットから、バーベルを使った本格的なスクワットまで様々な種類があります。スクワットは家の中でテレビを見ながらでも簡単にできるのが嬉しいですね。脂肪燃焼のために有酸素運動の効果を高めるスクワットのポイントは、自分にとって負担が軽めのポーズを多めの継続回数で長い時間続けることです。効果を高めるためには正しいフォームで行なわないと足や腰を痛めてしまうので、身体の安定性や姿勢づくりに注意しながら続けていきましょう。それではスクワットの基本的な方法をご紹介します。

STEP1

ステップ1のイラスト

足を肩幅より広めの位置に立ち、お尻を膝まで落としていきます。この時、背中を丸めないようにまっすぐに背筋を保ちましょう。お尻を落とした時に膝をつま先よりも前に出さないようにしてください。膝とつま先と同じ方向を向けましょう。

STEP2

ステップ2のイラスト

この姿勢で30回スクワットを続けます。最初はゆっくり10回×3セットと分けても構いません。お尻を膝まで落とすのがつらい人は、膝より高い位置にお尻を持ってくるハーフスクワットを行いましょう。

STEP3

ステップ3のイラスト

30回を問題なくこなせるようになったら、お尻をもっと下まで落とすスクワットに挑戦しましょう。また、回数を増やして負荷をアップしていきましょう。