インナーマッスルを鍛える体幹トレーニングの3つのメリット

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

体幹ってどこを意味するの?

体幹とは、体の幹という文字どおり、体の芯や中心のことを意味します。つまり、私たちが日ごろ立ったり座ったり、姿勢を保ちながら体を支える胴体部分のことです。このような縁の下の力持ちのような体幹を鍛えると、体の外側や内側、筋肉や腹筋、関節といった様々な体の重要な部分に働きかけます。普段の生活に欠かせない体幹部分をトレーニングによって鍛えることは、健康や美しさを保ち、生活の質を上げます。では、具体的にどのような働きかけがあるのでしょうか。体幹を鍛えることのメリットについて、大きく3つに分けてお伝えしていきます。

体幹を鍛えるとダイエット効果がある

体幹トレーニングで注目したい効果のひとつにダイエット効果があります。ただ、劇的なダイエット効果というよりは、ダイエットで結果が出やすい体をつくります。体幹トレーニングは有酸素運動のようなハードな動きはないため、消費カロリーがそれほど高くありません。逆に言えばそのくらい体に負担のなく、手軽に始められます。トレーニングの特徴として、インナーマッスルと呼ばれる体の内側の筋肉にアプローチしていきます。そうすることで脂肪の燃焼がしやすく、基礎代謝が上がるので、太りにくい体をつくり、ダイエット向きの体をつくるのです。

体質改善ができ、便秘解消や疲れにくい体に

体幹トレーニングは体質改善ができるというメリットがあります。腰回りの筋肉を鍛えれば、内臓の位置が正常に戻るようになります。ぽっこりお腹の原因の下がった内臓が上に戻れば内臓の循環が良くなり、便秘や消化不良などの悩みも改善していきます。また、体幹が強くなると首や肩、足の負担を減らすことができるので、疲れにくい体になります。体力アップにつながりますのでスポーツや有酸素運動、ダイエットをするのに長時間耐えられて若々しく元気な体を目指せます。体力アップできれば体も軽くなり色々なことに挑戦しやすくなりますね。

骨盤の位置や姿勢が整い、体のラインが綺麗になる

女性に嬉しいのが体幹トレーニングで骨盤を正しい位置にキープできる点です。男性に比べ筋肉量が少ない女性は骨盤が歪みやすく、特に妊娠中や出産後は骨盤が不安定になりやすく、様々な弊害が起きやすいもの。お腹まわりの筋肉を鍛えれば骨盤の位置が整い、体をしっかり支えられるようになります。骨盤まわりが引き締まると、自然と姿勢が良くなるので腰痛や肩こりなどの症状も和らぎます。さらに、姿勢が良くなるとお腹にお肉がつきにくく、美しい体のラインを保てます。このように体幹を鍛えると体の内側と外側から美しさをアプローチできます。