意外とやってない!?筋トレ以外のヒップアップポイント!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動 部分痩せ

2018年2月3日

自分では見えないお尻のトレーニングはさぼりがち?

女性なら誰しもが憧れるプリッと引き締まり上向きの美しいお尻ですが、実際自分のお尻に自信のある方は少ないと思います。お尻の悩みは多くても、対策をせずに垂れたお尻をそのままにしていませんか?自分で中々見ることのないお尻は、以外と同姓や異性からも見られており、水着や薄着などでお尻が目立つ季節が来る前になんとかしましょう!ヒップアップにはお尻の筋トレが効果的だと思いますが、お尻の筋トレ以外にもいくつかのポイントがあります。せっかく筋トレを頑張っているのであれば、最大限その効果を引き出すような工夫が必要です。

お尻が垂れてくる原因!

なぜお尻が垂れてしまうのかというと、加齢やお尻を意識していないことによる筋力不足の場合がほとんどです。若くてもヒールが多く姿勢が悪いなどの理由で、骨盤が歪み体の重心がずれているとお尻の筋肉を使えないだけでなく、足も太くなりやすく全体的にスタイルが悪くなってしまいます。脂肪のつき過ぎでも、ウエスト・お尻・太ももの境目があやふやで美尻から遠ざかってしまい、お尻が垂れてしまう原因にもなります。お尻が垂れてしまうことを予防し、ヒップアップ効果を長続きさせるためにも筋トレと併せて姿勢を良くすることを心がけましょう。

お尻だけのトレーニングでは不十分!?

ヒップアップのためにお尻の筋トレだけをやっている方がいらっしゃいますが、美尻を目指すならお腹や足も一緒に鍛えた方が効果的です。骨盤まわりにある大腰筋を鍛えると、骨盤が正しい位置に戻り姿勢が良くなり、お腹が引き締まる効果やヒップアップ効果が期待できます。そしてお腹が引き締まることにより、お尻との境がしっかりでき美尻を強調することも可能です。また、足の中でも太もものお尻側にあるハムストリングを鍛えると、お尻の下側や足との境目に効果が期待できメリハリのついた綺麗なボディラインを目指せます!

日常生活で美尻を目指す習慣

歩く際は、背筋を伸ばし太ももの裏やお尻を意識して、大股で膝を曲げずかかとから着地するように心がけましょう。姿勢にも気をつかい、骨盤が歪む原因になる猫背や足組・片足に重心をかけないようインナーマッスルを意識して生活すると、お腹も鍛えられスタイルが良く見えます。筋トレ中は、プロテインや鶏肉などで良質なタンパク質を摂取し、低カロリー高タンパクなバランスのとれた食事を心がけると筋力増加にピッタリです。お風呂上がりなど体温が高いときに、お尻をリンパに沿ってマッサージすると、余分な脂肪や老廃物を排出しやすくなります。