椅子に座りながらできる!くびれエクササイズ!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動 部分痩せ

2018年2月11日

くびれができない原因ってなに?

くびれが欲しい部分とは、肋骨から骨盤の部分。ここは人間の身体の中でも、とても無防備な部分です。お腹周りの大切な臓器が集まっている部分なのですが、骨に守られず筋肉をはじめとした「肉」で守られる部分です。この部分を筋肉で守ることができないと、脂肪を集めて守ろうとしてしまいます。ここで、筋肉を刺激してあげます。そして脂肪がつきにくい状態にしてあげましょう!するとくびれができやすくなります。ただ、腹筋ばかりするのはNG!腹筋はお腹の全面の部分に効く運動です。くびれづくりに効果のあるのは、お腹の横の部分の腹斜筋や背中の筋肉なのです。

姿勢の悪さはくびれの敵!

座っている時の姿勢とは、とっても大切。どこが大切なのがというと、背骨が曲がっていないかどうかです。姿勢が悪いと、座っている時はお腹回りにお肉が集中してしまうことに。また、立っている時にも猫背になっていることが多い傾向にあります。お腹まわりは、ご存じの通り”脂肪がつきやすい”ところ。美しいくびれを目指すためにも、日々の正しい姿勢の重要性をおわかりいただけたでしょうか。さて、くびれをつくる状態を整えていきましょう!正しい姿勢とは、背中を伸ばし胸を張るだけではありません。ポイントは「肩を開くこと」です。

簡単なエクササイズでホントに効果はあるの?

今回ご紹介するエクササイズは本当に簡単な方法です。本当にくびれができるの?と疑問に思うかもしれません。ただ、くびれづくりに必要な腹斜筋(お腹の横の筋肉)は、普段の生活ではほとんど動かさない部分。ちょっとした動作でも、「あっ、なんだか効いているかも…」と効果を体感できるでしょう。それにとっても簡単なので、ぜひやってみてくださいね。また、エクササイズは続けることが一番大切。ハードなエクササイズからはじめると心が折れてしまう…そんな経験がこれまでに一度はあったはず。継続しやすいエクササイズで効果を感じながら、くびれをつくっていきましょう!

座ったままできる美くびれエクササイズ法!

椅子に座りながらできる、簡単美くびれエクササイズをご紹介します。オフィスでも実践できますし、自宅でもできるので是非挑戦してみてくださいね。それではいきましょう!

1)椅子しっかりと腰かけます

2)右足を上になるよう足を組み、右側へ身体をひねります

※この時、椅子の背もたれをもってOK!

3)その状態を15秒間キープします

ポイントは、背筋を伸ばし姿勢を良くして行うことです。身体の筋が伸びるような感覚があるかと思います。これで普段なかなか使わないお腹の横の筋肉が鍛えられ、美しいくびれづくりに繋がります。