ヨガでスリムな体を目指しつつ、食事への考え方を変えていこう

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣

2018年2月12日

ヨガで健康生活をはじめたら

ヨガをやり始めると基本的な日常生活も健康的なものになってくるということが多いようです。たとえば、規則的な睡眠がとれるようになることで早寝早起きができるようになったり、食生活にも気をつけようという気持ちになったりするという声もあり、日々の暮らしに変化が生まれるようです。ヨガは自然と繋がることや自分の中と自分を取り巻く力に耳を傾けてストレッチをしていくので、自分の体に対しても自然と優しくなろうという気持ちが働くのでしょう。気持ちよくヨガができるようになったらヨガだけではなく、自分の生活にも目を向けてみましょう。

ヨガと食事

もともと、ヨガの原点をたどっていくと断食などにも辿り着きます。目的としては体の器官にお休みを与えるという目的で行われることの多い断食。コーチを含め、集団で断食を行うコースなども存在するほどで女性には人気があるようです。しかし、日常で断食を行うというのは危険も伴いますので、あまりおススメはできません。特に、仕事をしながらの断食などは言語道断、倒れてしまう可能性などもありますので絶対に避けましょう。では、ヨガを行いながらの理想的な食生活とはどんなものなのでしょうか。実はとてもシンプルで難しいことは何もないのです。

食への考え方

毎日食事をする上で大切なこと。それは食事に対しての感謝の気持ちです。そもそもの食材への感謝、食事を作ってくれる人への感謝、毎日ごはんが食べられることへの感謝、挙げていけばキリがありません。毎日の忙しさの中でつい食べ物への感謝を忘れがちではありませんか。食事は黙っていれば出てくるものではありません。食べ物は自然からの恵み、それを忘れずに食事ができることへの感謝の心を持ちながら食事をするとポジティブな気持ちにもなれるものです。ヨガは感謝のこころの現れでもあります。それを忘れないようにするきっかけにもなりますね。

新鮮なものをたくさん食べよう

ヨガを生活に取り入れている方の中にはダイエットや体形キープを目的にしている方も多いのではないでしょうか。その為には食生活にも同時に気を使う場合がほとんどでしょう。食事の量を減らすということはあまり意識しないようにしましょう。その代わり、自然のエネルギーを沢山体にチャージできるように新鮮なフルーツや野菜をたくさん摂るように意識してみましょう。新鮮なものを食べているという意識を持つと体の内側からもフレッシュな気持ちになれるのではないでしょうか。この様に食べ物とヨガには数多くの密接な関係があるのです。