有酸素運動2倍分?ダイエット効果を増大させるHIITとは

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2018年4月14日

HIITでダイエット効果倍増?

今回ご紹介するHIIT(高強度インターバルトレーニング)は、どちらかと言えばダイエット上級者向けの運動法です。食生活・運動継続の徹底に慣れていない方は、挫折に繋がる可能性があるのであまりお薦めできません。なぜなら、この運動法のダイエット効果は有酸素運動の2倍以上。そしてダイエットに限った話ではありませんが、大きな願望を叶えるにはそれ相応の努力が必要になるものです。HIITはランニングマシンのダッシュなど、激しい運動と回復時間を繰り返しながら行うメソッドになります。短時間ではありますが、その運動内容はとてもハードなのです。

ひとつじゃない!HIITの運動法

HIITの運動法は様々。エアロバイクや縄跳び、バトルロープなど、自身に合った方法を選ぶことが可能です。例えば、前述で述べたランニングマシンのダッシュをHIITに選んだ場合、その運動時間は約45秒、そして75秒の休憩時間を挟み再度運動を開始します。一見簡単なように見えますが、実はこれらの運動を1セットとし、8~10セット行うことが必要です。HIITはアスリートなどに用いられる、インターバルトレーニングを行うようなもの。過去に陸上などの競技経験がある方は、このトレーニングの苦しさ・壮絶さが理解できるはずです。

努力は人を成長させる

減量の進捗をスムーズにさせたいなら、食生活だけではなく運動にも気を配ることが大切です。そしてダイエットに最適な運動と言えば有酸素運動。ウォーキングや水泳、ジョギングなどの運動を、日々のライフスタイルに取り入れるダイエッターはとても多いはずです。そしてこれらの運度を継続させれば、減量だけではなく見た目にもその成果が現われてきます。またダイエットの成功により、努力は実を結ぶということを実感した方は、さらに高みを目指そうとボディメイクに勤しむ方がほとんどでしょう。そう、努力は人を成長させるのです。

忙しい人にこそHITTを

成功するダイエッターの運動法は、筋トレなどの無酸素運動と有酸素運動を取り入れることがほとんどです。HIITのメリットは、これらの運動を同時に行えるということ。HIITトレーニングを20分行った場合、その脂肪燃焼効果・カロリー消費量はジョギング1時間分に相当します。トレーニング自体は壮絶ですが、日々忙しい方にとっては最適なメソッドと言えるでしょう。取り入れる種目も自由なので、ジムや自宅、公園などでトレーニングでき、場所選びにとらわれることもありません。まずは1ヶ月、自身の好きな種目を選びトライしてみてください。