プロテインを摂るタイミングは朝・運動後・寝る前の3つが基本!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 運動

2018年5月5日

プロテインを摂るタイミングで身体が変わる!

プロテインは体の組織をつくる栄養素のひとつ。筋トレやダイエット中は特に、脂質を抑えてタンパク質を効果的に補給する栄養補助食品として、カロリー調整や体づくりに欠かせません。タンパク質は筋肉や髪、肌などの栄養になり、体のエネルギー源です。脂肪を燃焼させ、新しい筋肉を増やしたいダイエット目的には大事な味方です。いつでも手軽に摂れますが、実はより効果的なタイミングがあるのです。大きく分けて、朝とトレーニング後、就寝前の3回に分けられます。体への栄養吸収率が高まる時間帯に合わせて最適なタイミングで摂取しましょう。

朝の空腹時に1日に必要な栄養を補給しよう

朝起きた時は、体は水分や栄養を欲している空っぽの状態です。前日の夕食で肉や魚をたっぷり食べていても、消化してその効果はなくなってしまい、新たなタンパク質を体が求めています。たくさん活動する一日の始まりは、ぜひプロテインを補給しましょう。ただ、プロテインの量には食事内容によって調整を。朝からお肉や魚などしっかりタンパク質を摂る人は、プロテインは補助的な量で構いません。どの時間帯の食事でもいえることですが、タンパク質が多い食事にプロテインをさらに補給すると、エネルギー過剰で太りやすくなるので注意しましょう。

運動した後に摂ると筋力アップのチャンス!

運動をした後は、鍛えた筋肉が大きく収縮し、どんどん筋肉の分解が始まります。筋肉に送られる、アミノ酸というプロテインが分解された物質がいつもの倍以上にアップしますので、プロテインを補給して、新しい筋肉をつくりましょう。成長ホルモンが分泌され、筋肉の分解し出す、運動後30〜45分以内が摂取するタイミングです。成長ホルモンは脂肪を燃やして筋肉を増やす作用があります。このときに必要なタンパク質がないと、筋肉をつくる栄養素が足りずに筋肉が作られなくなってしまいます。ぜひ運動とセットでプロテインを用意しましょう。

成長ホルモンがはたらく就寝前は欠かせない!

運動後は成長ホルモンが分泌されますが、実は眠っているときにも分泌されます。成長ホルモンはノンレム睡眠という浅い眠りのときに最も分泌量が多くなるともいわれます。このことから、睡眠は筋肉をつくる上で欠かせないことがわかりますね。寝る前にプロテインを摂取すれば栄養が不足することなく、寝ている間に筋肉がつくられることに。寝る前に食べると太ってしまう!とダイエット中は気にしますが、寝る直前でなくても1時間位前に、体に優しく補給する大豆のプロテインなどを摂るのがおすすめです。胃への負担を配慮して、無理なく筋肉をつくりましょう。