冷え改善!血行促進ストレッチで太りにくい身体を作る!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 運動

「冷え」で太る?

ダイエットしてもなかなか効果が出ないとお悩みの方、その原因は「冷え」にあるかもしれません。特に女性に多い冷え性。夏でも足先や手などが冷たいと感じている方も少なくないでしょう。冷えが続くと、頭痛や腰痛、便秘、肌荒れ自立神経の乱れなど様々な症状を引き起こします。そして冷えは太る要因でもあるんです。体温が1度下がると基礎代謝量が12%も下がるといわれているほど「冷え」と「太る」は仲良しなんです。体温が低下すると基礎代謝が減少し太りやすい体になってしまいます。ダイエットをしたいならまずは「冷え」を改善することです。

ストレッチで血行促進

冷え性や末端冷え性の原因のほとんどが血行不良によるものだと言われています。そこでお勧めなのがストレッチ。スポーツとなるとある程度技術が必要ですが、ストレッチなら誰でもすぐにできますね。年齢問わず自分の身体能力に従って、身体を充分に伸ばしてあげましょう。ストレッチによって日常なかなか使わない部分を伸ばすと、その部分の血行が促進され体温上昇につながります。また場所や時間を選ばないのもストレッチの利点ですね。ちょっとした隙間時間や休憩時間を利用しどこでも手軽にできます。毎日続けて血行を促進し冷え性とおさらばしましょう。

ふくらはぎストレッチ

ふくらはぎには身体中を巡ってきた血液を再び心臓に送り込む働きがあり「第二の心臓」とも呼ばれています。ふくらはぎのストレッチは、手足の血行改善を期待できます。まずは椅子に座ります。1右足を曲げて左足の腿の上に置きます。右手は右足首、左手で右足の指を握ります。足の指をしっかりと揉みながら、足首を回します。2左手はそのまま、.右手はふくらはぎを揉みながら足首を回します。3右手はそのまま、左手は足の裏をもみながら足首を回します。(全部10回)反対側も同様にします。ぜひ隙間時間にやってみましょう。

バスタイムにストレッチ

お風呂はストレッチの絶好の空間です。湯船に浸かりながらのストレッチは、温水効果で手足の末端まで血管が広がります。そして血流が促され酸素や栄養が末端まで行き届くので代謝もアップします。また水圧が身体を適度に圧迫し、むくみ解消にもなります。身体が硬くてストレッチを敬遠している人もお勧めです。お風呂では筋肉や関節が伸ばしやすくなっているので安心して行うことができます。お風呂ストレッチでのポイントは、水分補給です。入浴前後には必ず充分に水分を摂りましょう。湯船は40度位。長風呂はせず無理なく続けることが大切です。