くびれを作るために毎日続けるべきトレーニング方法

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 運動 部分痩せ

2018年1月5日

腕をふるだけ!簡単うでふりトレーニング

くびれを作りと聞くと腹筋に目がいきがちですが、ここではうでをふるだけのトレーニング方法をご紹介します。やり方はとっても簡単。まずは、背筋を伸ばし姿勢を正します。次に両ひじを90度に曲げて左足を下げ、走りだすときのようなポーズをとってください。左足をしっかり地面につけることがポイントです。ポーズがとれたらひじを90度に曲げながら腕を思いっきりふりましょう。エアーマラソンのようなイメージです。1分経過したら反対に右足を下げて同じことを繰り返します。うでをしっかり振ることでウエスト横の腹斜筋を使うことから、くびれを作ることに繋がります。

くびれ作りの基本!8の字トレーニング

8の字トレーニングは、自分の腰で8の字を描くようにすることでくびれを手に入れるトレーニングです。まずは、両脚を肩幅にひらいて両腕を腰に当てます。背筋を伸ばしておへその下あたりにぐっと力を入れることができたら、8の字を描くように右側の腰と左側の腰を交互に突き出しましょう。このときにお腹のインナーマッスルを意識してしっかりと腹筋に力を入れながら行うことがポイントです。たった5分間でも続けるだけで高い効果が期待できることから一般的にもよく知られているトレーニング方法です。

ねじるだけ!ツイストトレーニング

次に紹介するツイストトレーニングもテレビを見ながら行える毎日続けやすいトレーニングといえるでしょう。まずは、両脚を肩幅に開き、背筋を伸ばします。次にこぶしを作りそのままこぶしを両胸の横までもっていきます。この基本ポーズをとることができたら、あとは左右にひねるだけです。特別なコツがいらないため簡単に取り組むことができます。ただひねるだけといってもウエスト横の腹斜筋にぐっと力を入れながら行うことがポイントです。ねじる度にウエストが引き締まるイメージを持って行うようにしましょう。

くびれと同時に小尻を手に入れられる尻上げトレーニング

くびれと同時に小尻も手にいれることができる一石二鳥のトレーニングをお伝えします。まずはじめに仰向けのまま寝ころびます。地面にしっかりかかとをつけてそのまま膝を立てましょう。その姿勢のままお尻をゆっくり地面から離して持ち上げます。上まで持ち上げられたらゆっくりお尻を下げてください。この動作を最低でも30回は繰り返しましょう。ポイントはお尻とおへその下にぐっと力を入れて、それ以外の部分には力を入れずにお尻の上げ下げを行うことです。くびれと同時に小尻も手に入れることができますので、毎日のトレーニングにぜひ取り入れてくださいね。