くびれを作る秘訣は腹筋と骨盤のバランスにあった!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動 部分痩せ

2018年1月14日

筋肉と骨盤のバランス

無理なダイエットで目標体重達成してもくびれが出なかったり、くびれが出ても下腹が主張したり、着る服が変わらないような経験。ありませんか?実は骨盤のズレ、脂肪、衰えた筋肉が垂れ下がることでくびれができない場合もあるのです。くびれや下腹は腹筋や骨盤のズレが関係していているため、骨盤を整えながら筋肉を付けることで綺麗なくびれを作ります。

まずは股関節とのストレッチ

股関節のストレッチは骨盤のズレを治してくびれを綺麗に見せてくれます。骨盤のズレによって腰痛にも関係してきて、下っ腹が出るだけではなく、くびれも消える事があります。お風呂後にゆっくりとストレッチをして股関節を柔らかくすることからはじめましょう。そして、仰向けになり、腰を左右にゴロゴロと揺らすことで、硬直した身体が動きやすくなり、股関節の可動範囲が広がることが考えられます。

くびれのための腹筋

くびれのための腹筋を作る近道は、ずばり姿勢を良くする事です。一番オススメなのは食事中です。下腹から上へ引き上げたイメージで姿勢を良くして食事を始めてください。お醤油をとる時も姿勢良く綺麗に。そうする事によって、食べ方も綺麗なりますが、そして腹筋も使われてウエストも細くなります。お食事中足を組んだりしては駄目ですよ。足を組まず、お腹から姿勢良くして食べるのがベストです。お腹を引き揚げることによって自然と腹直筋がつくので、ウエストが細くなり、くびれを作る事ができます。

意外な原因もあります。

一生懸命くびれを作ろうとして、いくら腹筋つけたり、骨盤の歪みを治しても、くびれが出来ない方は実はいます。 身体がくびれずに全体的にお腹が出ている場合は、産婦人科系の病気や内臓疾患の可能性があることをご存じでしょうか。「本当に何をしてもくびれが出来ない!」と言う方は、一度病院に行って調べてもらう事もオススメします。 自分の体を思うからこそ、素敵な体をつくるために一度自分の体の調査するのも大切です。