体の中心・体幹を鍛えればダイエット+αの効果も

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2017年9月1日

体幹とは体の中心のこと

「体幹を鍛える」というキーワードは、ダイエットに限らず聞いたことがある方も多いのではないでしょうか。しかし、どういうものか把握できてはいるものの、具体的な鍛え方までご存知の方は少ないのでは?体幹とは体の中心部分、英語で「コア」とも呼ばれる部分です。つまり、人の頭と手足を除いた胴体の部分のことです。胴体というとお腹まわりを連想してしまいがちですが、体幹はお腹だけではなく肩や背中も含む体の中心部分となるのです。もし体幹のバランスが崩れると、体の中心が崩れるということですから、体のあちこちに悪影響を及ぼすこともあります。

筋肉質=体幹が整っているとは限らない

体幹を鍛えるとは、具体的には人の体を形作っている大切な部分である背骨、骨盤、肩甲骨を支える深層筋と呼ばれるインナーマッスルを鍛えることです。インナーマッスルは他のダイエット方法でも出てくる言葉ですが、体の深い部分にある筋肉のことを指します。インナーマッスルは表には出ない筋肉なので、アウターマッスルが鍛えられた筋肉質な人であっても、インナーマッスルが十分に鍛えられていないと体幹が弱くなっていることもあり得ます。見た目の体型だけでは体幹が整っているかはわかりにくいのです。

インナーマッスルを鍛えるとダイエット以外の効果も期待できる

体幹を鍛えることがなぜダイエットに効果が期待できるのかというと、基礎代謝量が関係してています。一般的に、アウターマッスルを鍛えるよりもインナーマッスルを鍛えた方が、基礎代謝量が上がるといわれています。基礎代謝量が上がれば脂肪燃焼効果もアップするので、ダイエットにつながるというわけです。しかも、インナーマッスルはアウターマッスルよりも鍛えやすいので、負担が大きいキツい筋トレをする必要がないのも魅力です。体幹を鍛えると内臓が正しい位置に戻るので便秘やポッコリお腹の改善、免疫力のアップなども期待できます。

体幹アップのためのトレーニング

体幹を鍛えるための方法はいくつかありますが、手軽にできるのはドローインです。息を吐きながらお腹を凹ませて30秒キープするだけです。これによってお腹まわりのインナーマッスルが鍛えられます。横になりながらでも、家事をしながらでも手軽に行える方法です。また、四つん這いになって対角線上の手足を同時に上に上げる「アームレッグクロスレイズ」も効果的です。左右を交互に10回、3セット行いましょう。ドローインよりもキツい運動ですが、お腹だけではなく背中や太もも、腕の筋力を使い、ヒップアップ効果も期待できます。