タプタプの二の腕をシェイプ

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動 部分痩せ

2017年9月1日

二の腕は意識的に使わないと脂肪がたまる部分

二の腕は肘と肩の間の部分のことです。どうしてもたるみやすい部分なので、たるんでプラプラしてくると「振り袖」などと呼ばれることもあります。長袖でどうにかごまかせる時期はいいのですが、暑くなるとどうしても二の腕を露出することが多くなるため、当然目に付きやすくなる部分でもあります。二の腕は年齢とともにたるんでくる部分です。理由は使わないから、とたいへんシンプルです。意識的に動かすようにしないとどうしても脂肪がつき、そしてどんどんとたまってしまい、その結果、プルプルタプタプになってしまうのです。

二の腕「上腕三頭筋」は出番の少ない筋肉

二の腕の筋肉は「上腕三頭筋」で、力こぶと言われる部分は「上腕二頭筋」です。荷物を持ったり、ものを引っ張ったりするときは「上腕二頭筋」が働きます。一方、「上腕三頭筋」は、腕を伸ばしたり、物を押すときに使うので、どうしても日常生活での出番は少なめです。そのため、二の腕には脂肪がたまりやすく、日頃から「上腕三頭筋」を意識して動かすようにしないといけません。もっと簡単に言うと、「引く」ことはあっても「押す」ことがないということ。洗濯板を使って洗濯したり、雑巾がけといったことをしなくなったからかもしれません。


「引くこと」だけでなく「押すこと」を意識する

「上腕三頭筋」と「上腕二頭筋」の2つの筋肉は、片方が縮むことで、片方が伸びるようになっています。この2つは対となって動くようになっているので、トレーニングするときは両方の筋肉をバランスよく鍛える必要があります。「上腕三頭筋」を鍛えたら「上腕二頭筋」もトレーニングするようにします。運動するときに意識するのは「引くこと」だけではなく、「押すこと」です。ですからダンベルだけでなく、チューブでの運動を加えましょう。100均にも使える道具は売っていますので、それらを上手に利用して二の腕のトレーニングすることもできます。

使っている筋肉を意識することが大事

二の腕を細くするためには、「上腕三頭筋」を上手に引き締めることです。そのためにはダンベルを持って行うトレーニングがおすすめです。片手にダンベルを持って、もう片方で二の腕(上腕三頭筋)を下から手で支え、力こぶ(上腕二頭筋)に働きかけるように腕を曲げていきます。このとき曲げるときに息を吸い、戻すときに息を吐いてゆっくりと行うのがポイント。また、ダンベルは軽すぎず、重すぎず、自分に合った重さをチョイスすることも重要です。ダンベルがなければ、握りやすい500mlのペットボトルなども利用するのも手です。