気になる二の腕、どうしてお肉がついちゃうの?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動 部分痩せ

2017年9月1日

二の腕がぷよぷよ…どうしてこうなっちゃうの?

ドレスやTシャツ、ノースリーブを着た時に目立つのが、お肉がついてしまった二の腕です。久しぶりにお気に入りの1枚を着て鏡の前に立つと、あれ!?二の腕が太くなってる…なんてこと、ありませんか?二の腕がスマートかそうでないかで、大きく印象が変わりますよね。では、どうして二の腕は太くなってしまうのでしょうか?その要因として、「上腕三頭筋」という筋肉、普段の姿勢、セルライトの蓄積が挙げられます。ほっそりとした美しい二の腕を手に入れるためにも、二の腕が太くなる正しい理由を知って、対策を行いましょう!

なかなか使われない筋肉「上腕三頭筋」

まず「上腕三頭筋」に関してです。二の腕には、内側に「上腕二頭筋」外側に「上腕三頭筋」という筋肉がついています。上腕二頭筋は、重いものを持ったり物を引っ張ったりと、日常生活で多く使用される筋肉です。「力こぶ」ができるのもこちらの筋肉で、使う頻度が多いため自然にある程度の筋肉量はつくといわれています。対して上腕三頭筋は、腕を伸ばしたり物を押す際に使われる筋肉で、日常生活ではほとんど使用されないのです。したがって、自分で意識してエクササイズなどを実行しないと鍛えることが出来ず、脂肪も溜まりやすいと言います。

無意識になってたかも!?「巻き肩」

次に姿勢に関して。自然に立って鏡の前に立った時に、手の甲が前を向いたら、それは「巻き肩」と呼ばれる姿勢です。巻き肩は、肩が前に出てしまっている状態。主にスマートフォンやパソコンの長時間の使用が原因で、無意識にその姿勢になってしまう方が多いようです。巻き肩になると、上記した「上腕三頭筋」が更に使われにくくなってしまい、二の腕に脂肪が増してつきやすくなるのだそう。また、「猫背」にも注意が必要です。この2つは首こりや肩こりの原因にもなると言います。健康のためにも自分の姿勢を、鏡で一度確認してみましょう。

美容の大敵!「セルライト」

次にセルライトの蓄積に関してです。上腕三頭筋は、普段使われにくい筋肉のため脂肪が溜まりやすいことは上記しました。しかしそれだけではなく、普段使われないことでリンパ液の流れが滞りやすいのです。リンパ液は、体内の老廃物を流してくれる役割を持っています。この流れがと滞ると当然老廃物が溜まります。そしてその老廃物が脂肪と結合し、セルライトができてしまうのです。二の腕のお肉をつかんだ時に、その表面がデコボコしていたらセルライトです。リンパが滞る原因として運動不足が挙げられます。生活に運動を取り入れてみましょう。