二の腕の厄介な「ふりそで」は何故できるの?原因を知って効果的な対策を立てよう

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動 部分痩せ

2017年9月1日

「ふりそで」がある二の腕は魅力的じゃない!

夏になると、ノースリーブなどの二の腕が出るファッションが多くなりますよね。そんな時に、二の腕にたぷたぷと垂れ下がった「ふりそで」があると…ファッションの魅力も半減してしまいます。二の腕は一度たるんでしまったり脂肪がついてしまったりすると、なかなか元に戻りづらいと言われている部位です。しかし、なぜ「ふりそで」ができてしまうのか、その原因をきちんと理解しておくことで、効果的な対策を立てることができます。手っ取り早く解消したいという気持ちを抑えて、まずは厄介な「ふりそで」の原因を知ることから始めましょう。

「ふりそで」の原因その1:上腕三頭筋の減少による皮膚のたるみ

二の腕を支える筋肉には大きく2種類あります。ひとつが上腕二頭筋で、もうひとつが上腕三頭筋です。上腕二頭筋は、いわゆる力こぶにあたる部分で、物を持ち上げたり自分のほうへ引き寄せたり、日常生活の中で使われることが多い筋肉です。そのため、たるむことはありません。一方、上腕三頭筋は腕の外側についている筋肉で、この筋肉が少ないと二の腕が太く感じてしまいます。普段の生活ではなかなか使われないため、意識してトレーニングをしなければ筋肉が小さくなって、ハリがなくなった皮膚がたるんだ状態となり「ふりそで」の原因となってしまいます。

「ふりそで」の原因その2:解消しづらい二の腕の脂肪増加

二の腕には筋肉よりも脂肪のついている量が多くなっています。ダイエットで食事制限をする方も多いですが、食事制限で他の部位は脂肪が落ちてダイエット効果を感じても、二の腕はそもそもの脂肪量が多いため、なかなか効果を感じづらい部位なのです。二の腕だけ痩せない!という方も多いのではないでしょうか。しかし、言い換えれば、脂肪を筋肉に換えてあげる方法を実践することで、「ふりそで」を解消できるということです。また、筋肉を増やすということは、二の腕を引き締めて細く見せる効果もありますので、比較的早く効果を実感することができます。

「ふりそで」の原因その3:老廃物の溜まったセルライト

リンパの流れが悪いと、どんな部位でもむくみやたるみにつながりますが、もちろん二の腕も例外ではありません。ワキの下にあるリンパが滞り、老廃物が溜まってセルライトとなります。それが重力によって垂れ下がり「ふりそで」の原因となります。普段なかなか使われない上腕三頭筋と同様、リンパも意識して流すマッサージをしなければ、老廃物が溜まった状態は解消されないのです。原因を正しく理解すると、直接アプローチできる対策を立てることができます。効果的なダイエット法を取り入れて、細くて引き締まった二の腕を目指しましょう。"