過剰なトレーニングでくびれがなくなる!?鍛えすぎはNGかも。

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動 部分痩せ

2018年2月17日

曲線美をめざしたい!そんな願いに

女性なら絶対に憧れる美しいくびれ。ずん胴ぎみの私でも運動でくびれを手に入れることができるのかな。なんとなくそんな疑問を抱えながら運動を始めてみたはいいけれど、なんか腹筋だけ鍛えられたみたいであんまりくびれに効果がない?くびれ対策をしていてもなかなかくびれに結びつかない、そんな方も多いようです。鍛え方が当てずっぽうだとなかなかくびれを作ることは難しいものです。また、筋力UPを目指してトレーニングをし過ぎると、アスリートのようなくびれがあまりない体形になってしまうこともありますので注意が必要です。

くびれを作る為のエクササイズ

くびれに効果的と言われるエクササイズはやはり「ひねり」系のエクササイズです。立って行う場合は体の芯の部分をきっちり意識しながらお腹に意識を集中させて左右に上半身をねじる方法が有効です。腕は適度にあげておくか肩の位置で直角に左右の肘に指先で触れておくように組んでおくのも良いでしょう。くびれにはこの「ねじり」の動きが重要になってきます。ねじりの動きが機械的に緩いものになってしまうと意味がありませんので、お腹やくびれ部分を意識しながら行うことが大切です。すぐに効果は出ませんが、地道に行うと引き締め感を感じてくるはずです。

腹筋だけを鍛えると体形によってはずん胴になってしまうかも

腹筋を鍛えるのはお腹まわりをスッキリさせることに大変有効ですが、人によっては筋肉が付きやすい、付きにくいがあるように、腹筋が割れてきてしまったり、腹筋と共にお腹の横部分の筋肉まで鍛えられてしまい、思っていた結果とは違うずん胴体形に近くなってしまう、なんてこともあります。腹筋運動は自分のお腹の様子を見ながらほどほどにしつつ、ねじり系のエクササイズを行う方がくびれには効きやすい傾向があります。エクササイズの結果が出やすいという方は特に慎重に運動をする方が自分の目標により早く近づけるでしょう。

骨盤が原因の場合も

くびれがなかなかできないという方の中では、骨盤の大きさやゆがみが原因となっている場合もあるようです。骨盤矯正に通い始めたら内臓の位置が変わってお腹周りが変わった!という声もありますので、運動をある程度してもくびれが現れないと感じたら1度骨盤の状態をみてもらうというのも良いかも知れません。もともとの個人の骨盤の大きさにはかなりの違いがあるものですので、それがお腹やヒップ周りの体形の違いにも繋がってくるというわけです。自分だけではどうにもならない場合はこういった助けを利用するというのも大切なことです。