憧れの背中美人!どうやったらなれるの?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動 部分痩せ

2017年9月1日

背中美人になりたい!

誰もが憧れる背中美人!背中がスラリとしていると、水着を着た時やボディラインの出るTシャツを着た時に自信が持てます。背中の印象というのは、意外と大きいものです。でも、いつのまにか背中にお肉が!?なんてことありませんか?背中にお肉がついてしまう原因は主に「背筋」と「猫背」、「加齢」です。ではこの2つがどのように背中のお肉とどう関係があるのでしょうか?背中のスッキリとしたラインを手に入れるにはどうしたらよいのでしょうか?まずはお肉がついてしまう仕組みを知ってから、正しいエクササイズや対策を行いましょう。

背筋と姿勢の関係

まずは「背筋」に関して。背筋はその名のとおり、背中にある筋肉です。背骨とつながっており、体をまっすぐに保つ働きをする重要な筋肉です。背筋は、使う機会が少なくなると衰えてしまいます。そうすると血流やリンパ液の流れが滞ってしまい、むくみや脂肪、セルライトがつく原因になるのです。更に、この背筋の衰えを助長してしまうのが「猫背」です。上記したように背筋は体をまっすぐに保つ働きをするので、猫背になると背筋が使われる機会がますます減ってしまうのです。一度鏡の前に立ってみて、自分の姿勢を確認してみましょう。

加齢も原因のひとつ?

次に「加齢」。人間は生きていれば当然年齢が上がっていきます。更に、身体も変化します。基礎代謝量が減ってしまうため、脂肪燃焼能力も減り脂肪がつきやすくなってしまいます。また、体内の筋肉量も減ってしまうのです。そうなりますと背中の筋肉も減ってゆき、それによって脂肪やセルライトが増えていきます。しかし、年齢を重ねたからと言って諦める必要はありません。意識的に身体を鍛えている方は、いつまでも若々しい身体を持っています。加齢は止めることができませんが、加齢による体の変化は努力で遅らせることができるのです。

目指せ、背中美人!

背中のお肉を落とす方法ですが、まずは自分の姿勢の改善から始めましょう。猫背を直すと、肩こりや首こりの予防にもなりますので一石二鳥ですよね。次に、肩甲骨のストレッチを行いましょう。肩甲骨を意識的に動かして柔らかくすることで、凝り固まった背中の血流がスムーズになり、背中のむくみ改善が期待できます。もっと直接的にアタックしたいという方は、背筋のエクササイズを行いましょう!うつぶせになって足を抑え、上体を起こす、という従来の方法はもちろん、様々な鍛え方があります。継続して続けられる方法をチョイスしましょう。