ダイエットでできた皮膚のたるみはどうすれば元に戻る?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 運動

2017年9月1日

たるみ改善はダイエットよりも難しい!?

急激なダイエットをすると、体重は減るものの体が追いつかずに皮膚がたるんでしまうことがあります。たるみは見た目も美しくなく、改善はある意味ダイエットよりも難しいこともあります。あまりに皮がたるんでひどい状態には、手術でたるみを取り除く美容整形手術もあるほどです。ダイエットをするなら、余計な悩みを増やさないようにたるみができない方法で行いたいものですが、早く体重を落としてスリムになりたいと激しいダイエットを行った末に、皮膚のたるみが目立ってしまい、悩みが増えてしまうということもあり得るお話なのです。

伸びてしまった皮膚はすぐには戻らない

太った時に伸びてしまった皮膚は、ダイエットをして痩せたと同時にすぐに戻ることはなく、体が痩せても皮膚だけは太っている時のままという状態になります。これが、皮膚のたるみを生んでいるわけです。通常であれば、ダイエットは皮膚が元に戻るペースで行うべきなのですが、ダイエットのペースがそのペースよりも早いせいで、たるみができるんですね。たるみの改善には、それなりの時間をかける必要があるということになります。つまり、ダイエット後の皮膚のたるみを予防するための大原則は、急激なダイエットを避ける、これに尽きます。

できてしまったたるみの改善方法とは

できてしまった皮膚のたるみは、できるだけ引き締めて元の体に戻したいものです。そのために大事なことは急激なダイエットを行わないこと、食事制限のみのダイエットをしないことです。筋肉を鍛えることで皮膚が支えられ、引き締める効果が期待できるため、筋トレをするのもおすすめです。ダンベルで二の腕をシェイプする、腹筋でお腹の筋肉を鍛えるなどの方法を続けると、筋肉が鍛えられると同時に皮膚のたるみの解消が期待できます。また、ヨガもゆっくりとした動きで筋肉を使いながら皮膚も動きに連動するので、たるみを縮めやすいのでたるみ改善に良いそうです。

生活習慣の見直しやスキンケアでたるみ改善を

皮膚にダメージを与える生活習慣も、たるみ改善のために避けた方がいいといわれています。強い紫外線を浴びる、または喫煙は肌の老化を早める原因となり得ますからダメージを受けやすいため、たるみ改善のために避けた方がいいでしょう。たるみの正体は伸びた皮膚ですから、スキンケアをいつも以上に丁寧に行うことも、たるみ改善のポイントとなるでしょう。たるんだ皮膚のケアは顔のスキンケアと同じように、お手入れ次第で結果が大きく変わることも考えられます。普段なかなか時間をかけて行わない部分でも、きちんとスキンケアをすることでたるみ改善が期待できます。