筋トレで得する身体になろう!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2017年9月12日

『筋トレ=マッチョ』ではない

『筋トレ』と聞くとムキムキでマッチョになるイメージがあるかもしれませんが、近年世界中の有名モデルでも体系維持のために筋トレを行っています。それはムキムキになるのではなくメリハリのある健康的なスタイルを目指しているからです。ジョギングなどの有酸素運動と違い、筋トレは無酸素運動を指します。有酸素運動はその時にのみにカロリー消費をするのに対して、無酸素運動の筋トレ後に筋肉を回復させるために新陳代謝をアップさせます。なので、軽い筋トレを日常的にしていると新陳代謝が上がることでダイエットの手助けになるのです。

筋トレは体重ではなく見た目でもチェック

筋肉は脂肪に比べて体積が小さく重いです。つまり、同じ体重でも普段から筋トレをしている人としていない人では、筋力の多い人のほうが引き締まっていて健康的に見えるということです。筋トレ中は体重の減量はあまり気にせず、見た目を鏡で見る習慣をつけることをオススメします。背筋と腹筋の体幹部分をバランスよく鍛えることで普段から筋肉を自然と使うようになり背筋がピンと伸びた美しい姿勢になります。姿勢が良くなることによってバストラインもきれいに見え、デコルテ部分が前に出ることによって顔色も明るく見えるなど相乗効果があります。

筋トレを効果的にするには

筋肉は最初から使いすぎると筋肉の炎症を起こし痛めてしまう反面、同じことをひたすら続けていると筋肉が慣れてしまい筋力が維持しにくくなってしまいますので少しずつ体への負荷を増やしていくことが大事です。また、毎日筋トレをしてしまうと筋肉が休む暇なく動かして筋線維が回復しないままになってしまいますので、週に2~3回が最適です。さらに十分な睡眠を取ることによって成長ホルモンの分泌が活性化して代謝が良くなります。食生活は、基礎代謝が上がりカロリーが自然と消費する量が増えるので、減らしすぎずにたんぱく質やビタミンなどを意識した食生活をしましょう。

筋トレで健康的に

筋トレは決して見た目の引き締め効果だけではなく、内面の効果を3つあります。一つ目は、汗をかくことによって古い角質が流れることや成長ホルモンの分泌が活性化されることから皮膚の代謝が良くなり美肌にもつながります。二つ目は、筋肉は身体のポンプの役割をしていることからリンパ節にたまる老廃物や血行をよくしてくれ、凝りやむくみを軽減します。三つ目は、筋肉が増量するほどカロリーが必要になるために基礎代謝も上がり、カロリー消費量も上がるので太りにくい身体になりますよ。筋トレによって美しい内面とスタイルもゲットしましょう。