身体のゆがみはなくして美しいスタイルを手に入れる方法

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 運動

2017年9月1日

ゆがみは心と体の危険信号

あなたは、体のどこかに不調を感じますか?もしも肩こり、腰の痛みといった何らかの不調を感じるのなら、体のどこかにゆがみがある可能性が高いです。また、原因は体だけではありません。心と体の両方にあります。ゆがみはすぐには生じませんが、長い間の不摂生やストレスから自分自身を守ろうとしてできあがったものなのです。人の体の仕組みは、あやつり人形のようなもの。片方を引っ張れば、体は自然と引っ張られて傾いていきます。長い間そのままにしておけば、その形で固定され、自然と元には戻らなくなります。そんな体では、どれだけ筋トレなどをしても、痛めてしまうだけになります。

連鎖していく体のゆがみ

骨盤が開いて下がり、ゆがんでくるとその影響で肩甲骨も開いて下がってきます。肩甲骨の下がりは、後頭部を下げることになり、背骨までをもゆがませてしまいます。その結果、ねこ背になったり、肩こり、腰痛といった不調を感じるようになっていきます。このように次々と連鎖し、ゆがみは体中へと広がっていくのです。健康をおびやかす骨盤のゆがみは不自然な姿勢やストレス、過度な筋トレなどが原因です。心と体はつながっているため、ストレスをかけすぎれば、いつか必ずひびが入ります。そのサインを見逃してしまうとさまざまな不調が生じてしまうのです。

ゆがみを作るのは自分自身

ゆがみが作られる原因には、ひとりひとりが持つ体の特徴や動きのクセや習慣があげられます。たとえば、座ったときに足を組む、頬杖をする、うつ伏せに寝る、高枕、つい食べ過ぎてしまうといったことが考えられます。毎日こうした姿勢を取っているとこれがクセとなり、アンバランスな筋肉を作り出してしまいます。その筋肉の偏りがゆがみを作るのです。体や動きのクセは誰にでもあるものなので、ゆがみは誰もがもっているものといえるでしょう。しかし、ゆがみのある体で筋トレしても余計にゆがんでしまうだけなので注意が必要です。

ゆがみをなくして体を整えよう

美しいボディラインを手にするには、動きのクセによってできてしまったゆがみをなくすことから始めなくてはいけません。要するにゆがみを矯正させ、筋肉だけでなく脂肪部分をしっかりと働かせなければいけません。まずは自分にどんなクセがあるかを知り、自分の持つゆがみを矯正した上で筋トレを行いましょう。使うべき筋肉が上手に機能するようになれば気になる部位のもたつきも改善され、引き締まったボディラインを作り上げることができるようになります。 まずは、体のバランスを調整してあげることが大事です。