骨盤矯正ダイエットの効果とは?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 運動

2018年10月17日

女性の骨盤は歪んでいる

女性の体型と骨盤は非常に関係があります。骨盤は、女性の妊娠や出産によって大きく変化しますが、妊娠や出産のほかにも、日常生活のなかで骨盤が歪んでいるのをご存知でしょうか。

長時間のデスクワークや、足を組んで座ったり、肩かけのバッグを片方ばかりかけて持ったり、無意識の身体の癖などで骨盤の歪みを引き起こします。

このように、片側の筋肉だけを酷使すると、筋肉の癖が生じ、筋肉だけではなく骨までも引っ張られ、骨盤の歪みの大きな原因となります。

女性に多いぽっこりお腹や、太りやすい体質は、実は骨盤の歪みが原因の場合が多いのです。

歪んだ骨盤の与える影響とは

骨盤が歪むと、上半身と下半身、また左右のバランスが崩れ、神経伝達が上手に出来なくなってしまい、それが肩こりや腰痛などを引き起こします。さらに、むくみや冷え性など、マイナートラブルを招いてしまいます。

血流が滞り、下半身に老廃物が溜まりやすくなるほか、内臓の位置が変わり、腰周りにお肉が付いて太りやすくなってしまいます。

このように、骨盤の歪みが体調や体形、体質にまで影響を与えてしまうのです。これらの症状を改善し、痩せ体質にするには、骨盤のゆがみを矯正して、内臓やお肉の位置を本来の正しい位置に戻してあげる必要があります。

骨盤矯正ダイエットの方法とは?

骨盤を修正していく骨盤矯正ダイエット方法にスクワットが挙げられます。

肩幅に脚を開いた状態でコシに手をあて、力を抜きながら腰を回し、脚を開いた状態から、背筋を伸ばしたまま両膝を曲げて腰を落とします。このとき、膝の角度が直角になるように「骨盤スクワット」をします。そこから、内腿を閉じて膝を寄せた状態で10秒ほどキープ。これを3回繰り返します。

さらに、両足を揃えて立った状態で両手を前でクロスして胸に当てます。腰を曲げて前屈、このまま10秒間キープ。これを20回ほど繰り返すだけです。また、仰向けで寝た状態で脚を90度に曲げ、3分間ほど左右交互に倒すだけでも効果が見られます。

骨盤矯正ダイエットの効果とは

このほかにも、骨盤矯正エクササイズはたくさんありますが、どれも硬くなった腰周りの筋肉をほぐして柔らかくし、伸ばしたり縮めたりして骨盤の歪みを矯正していきます。

骨盤矯正ダイエットによって、血流が促され、代謝が上がります。代謝が上がることで、体内の老廃物が外へ出やすくなり、さらに脂肪が燃えやすくなります。

身体の余分な脂肪と老廃物が排泄されることで、痩せやすい体質へと変わってきます。腰周りの余分な脂肪が取れ、目に見えてスタイルが変わってくるはずです。

さらに、むくみが取れ、頭痛、肩こり、腰痛などの不快症状から解放されて、身体の内側から健康的に痩せることが出来るでしょう。