効果テキメンのピップアップエクササイズ!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2018年11月17日

加齢と重力には逆らえない!?

最近、お尻が気になってデニムを履かなくなった、パンツを買わなくなったなんて人は多いのではないでしょうか。加齢と重力には逆らえないと、その垂れたお尻を諦めていませんか?

女性は、加齢だけではなく、妊娠や出産などで骨盤が広がり、身体に大きな負担がかかっています。大きく開いた骨盤を戻すのは、努力とそれなりの時間を要します。

さらに、年を重ねるごとに基礎代謝が衰え、皮下脂肪が増え、運動不足や生活習慣などから次第に皮膚がたるんでしまうといった悲劇が生じます。

とくに、日本人には垂れ尻、扁平尻、ピーマン尻といった形のお尻が非常に多いですね。

欧米人のような立体的なお尻になりたい!

大人になると、自分で自分の身体を管理しなければ、あっという間にだらしのない体型になってしまいます。

女性は、いつまでも若々しくありたい、美しくありたいなどの願望は誰でも持っています。残念ながら、体型の崩れは年齢を上に見られると同時に、その人から放たれる輝きがどうしても薄れます。

欧米人の、キュッとお尻が上向きでいてボリュームがある魅力的な美尻に憧れを抱く人も多いのではないでしょうか。

日本人と違い、欧米人のお尻は筋肉が付きやすく、かつ鍛えやすいと言われています。

一方、日本人は相当努力しないと、あのような立体的な美尻にはなれません。

簡単だけどキツイ筋トレ、シンプルだけど効果テキメン!

①肩幅より少し広く足を開き、つま先は外側へ。手は腰に置き、膝の限界まで腰を落とします。つま先を外側に向けた状態でスクワットをします。

②真っすぐに立ち、手は壁や机で支え、膝を曲げずに足を後方へ上げます。

③膝を伸ばしたまま横に上げます。

④肩幅に手を付いて四つん這いに。そのまま首からかかとまで一直線になるように片足ずつ伸ばします。

⑤そこからかかとを上方へ上げます。

⑥⑤で上げた足から膝を90度に曲げて足首を上げます。

⑦うつ伏せ状態で、片足ずつ膝を曲げないように床から握り拳1つ分上に上げます。

いずれのエクササイズも、それぞれ10秒キープ。左右10回繰り返します。

ヒップアップには筋トレが一番!

ヒップアップを実現させるには、まずは筋トレでお尻の「土台」を作ることが基本です。垂れたお尻を上げるわけですから、筋肉を鍛えることが「垂れ防止」に一番です。

日々の忙しさや怠け癖で、運動を一切しない生活を送り続ければ、筋肉は全くなくなり、お尻はアットいう間に垂れてペッタンコのお尻にとなるでしょう。

垂れないお尻、上向きのお尻を目指すには、「大殿筋」、「中殿筋」を刺激して鍛える筋トレがおすすめです。

先に挙げたヒップアップエクササイズは、効果テキメンのです。まずは、ヒップアップにだけ集中して、1週間毎日無理なく続けてみましょう。