美しいデコルテを手に入れるバストアップ!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2018年11月19日

首から胸元にかけての印象

女性らしいカーヴィーなラインは、どの年齢でも美しさを印象付けます。胸元のあいた服を着なくても、たとえばピッタリしたニットで装いたいとき。

あなたのシルエットが、首から肩、そして胸元にかけてなめらかなカーブを描いていたら、きっと「ポジティブな性格なのではないか」と、お相手に受け入れられるでしょう。

ヨーロッパの歴史映画でも、デコルテを美しく見せる女優は好評を得られます。逆にこのラインが貧弱だったり、不均衡だった場合、せっかくの魅力が半減してしまうでしょう。自信を持っていたいなら、バストアップは必要なのです。

まずは猫背を直すべき!

バストアップの条件として絶対に挙げられるのが「猫背を直すこと」です。姿勢がうつむきがちですと、そもそも胸元が映えません。そして肩こりの原因になったり、大胸筋が衰えてしまうので、バストが下向きになってしまいます。その上にバストアップブラジャーを付けてしまうと、どうにもバランスが悪くなり、違和感を覚えるような感覚になりがちです。

バストアップブラジャーは、正しい姿勢で着用するもの。背筋を伸ばし、あごを引いて、口元には笑顔を意識しましょう。頭のてっぺんを、糸でピンと引っ張られていると想像すると分かりやすいです。

歩くときは自信を持って!

バストアップのために、正しい姿勢で歩きましょう。ヒールや、お気に入りの靴をはいているときは、しっかり足を踏み出してください。それだけでパッと映える印象になります。

この場合、あごを引いて、お腹に少し力を入れます。足は「かかとから着地すること」を守りましょう。

難しいと思ったら、スニーカーなどの歩きやすい靴で練習するのも良いですね。自分が内股に偏っていないか、大き目の鏡でチェックするのも重要です。スキニーパンツや短いスカートをはいているときは、歩く姿勢が目立ちやすいので、きれいに動くよう練習しましょう。

筋トレも有効

姿勢を正すようになったら、次は筋トレにもチャレンジです。腹筋背筋で上半身の筋力を養います。ムキムキになる必要はありません。週2日、10回から20回ずつの腹筋背筋を継続しましょう。少し筋肉がつくと、肩のラインがはっきりしてくるので、バストアップとともにボディラインも整います。体に合った服も、きっと似合うでしょう。そんな自分を鏡で見てください。なんだか大輪の花が生けられているような雰囲気になりませんか?

バストアップと一緒に、気分も上々になったら最高ですね。この美容法は女性に与えられた特権です。ぜひ活用しましょうね。