手軽に有酸素運動ができる!トランポリンダイエットとは

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2019年1月23日

自宅でも簡単に取り組める!トランポリンダイエットとは?

ウォーキングやランニング、縄跳びのように、手軽に有酸素運動トレーニングができるのが「トランポリンダイエット」です。

昨今、注目を浴びているトランポリンダイエットですが、自宅でも簡単に取り組めるようなトランポリングッズもたくさん出回っています。継続することがダイエットのコツだとすれば、トランポリンは飛ぶ楽しさや気持ち良さなどがあるため、無理なく楽しんで継続できるのが最大のメリットです。

また、トレーニングメニューの種類が多いのもトランポリンダイエットのメリットと言われています。自宅で手軽にできるのも大きな魅力ですね!

全身の筋肉を鍛えられるトランポリンダイエット

トランポリンで「飛ぶ」動作は、誰もが「楽しい」と感じられる遊び感覚の運動ですね。飛ぶといった動作では縄跳びとなんら変わりませんが、縄跳びの動作に「反動」がついた状態がずっと続くために「楽しい」と感じ、運動を普段しない人でも気軽に無理なくできるのがトランポリンの魅力です。

この「飛ぶ」動作は、非常に大きなカロリー消費が期待できます。一度飛べばずっと継続して飛べるため、半強制的に全身の筋肉を刺激し鍛えることができます。飛ぶ本人も、自分の体幹や全身の筋肉を意識することで、さらに効果的に鍛えることが可能です。

家庭用フィットネストランポリンでトレーニング!

折りたたみ可能や、素足で使用できる家庭用フィットネストランポリンがあります。基本的はジャンプとして、まずは「小さなジャンプ」を継続します。この小ジャンプにさまざまな動きを加えてトレーニングを繰り返します。

まず、小ジャンプの瞬間に両手を大きく開き、ジャンプ頂上のときに頭上で手を叩きます。この動作をリズム良く繰り返しながら、身体にリズムとスピードを覚えさせます。

次に、小ジャンプをしながら身体を回転していきます。8回の小ジャンプで一回転するイメージで確実に回転します。体幹を鍛えながら少しずつ身体を捻るので、脇腹や腹筋などを絞ることができます。

大ジャンプとツイストで身体を絞る!

小ジャンプ+さまざまな動きのトレーニングのあとは、トランポリンのバネを最大限に生かした大ジャンプをしてみましょう。室内で振動や音が気になる人は、少し加減をするか昼間の時間帯に取り組んでみてください。

大ジャンプは、力強く踏みつけるのではなく軽く飛ぶといったイメージでトランポリンの反動を活かしましょう。大きく飛んだ瞬間に膝を抱えるような動作をします。また、大ジャンプ+身体を大きくツイストします。大きく身体を捻るので腹斜筋をはじめとする腹筋の引き締めに効果が期待できます。加えて小ジャンプとツイストの組み合わせを繰り返しましょう。