運動で引き締めたい!ジムとパーソナルトレーニングの違いとは

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2019年1月31日

ジム通いもいいけど・・・

大幅な減量には、有酸素運動や筋力トレーニングが欠かせません。たくさんの選択肢がある中、ジム通いを決意する方も多いでしょう。そしてジムと聞くと、ひとつのフロアに大勢の人達が運動するイメージですよね。過去に通われた方はわかるかもしれませんが、ジムは思いのほか老若男女に大人気。仕事帰りにはサラリーマンでごった返し、休日でも会員数が多いとマシンの待ち時間が生じるほどです。ダイエット目的の効率的な運動法は、筋トレ後に即有酸素運動を行うこと。しかし、もしもランニングマシンがいっぱいだったら?何だか無駄な時間を過ごしているように思えますよね。

今話題のパーソナルトレーニングって?

ジムを全否定しているわけではありませんが、私たちには各々のライフワークがあります。仕事や家事の忙しい合間を塗って、ジム通いされている方もいるでしょう。そう、時間の効率を考えると、自信を持ってジムを推奨することはできないのです。最近では、プライベートジムでパーソナルトレーニングを受けるダイエッターが増えています。パーソナルトレーニングとは、マンツーマン、もしくはひとりのトレーナに対し数人程度の生徒で行う、新しいタイプのトレーニングになります。教室にもよりますが運動を行う時間帯が決まっているので、無駄な時間を過ごすデメリットは皆無と言えます。

最大のメリットは確実性

パーソナルトレーニングの最大のメリットは、確実性です。普通のジムは運動できるとは言え、誘惑の多い環境。パーソナルジムの場合、トレーニング後仲良しなジム仲間とケーキバイキング・・・といった危険性がありません。なぜならダイエット目的のパーソナルジムでは、運動や食生活、体重などを徹底的に管理されるから。なまけて体重が増えようものなら、口頭で注意を受けてしまいます。またトレーニング内容は、各々のボディラインや目標、期間によっても異なります。生徒の理想に合った回数でマシンを使い、確実なボディメイクを目指します。

料金はかなりお高め

パーソナルジムの料金体系はかなりお高め。芸能人をCM起用した某パーソナルジムでは、入会金を含め、数十万ほどの費用が必要になります。しかしこれはあくまでも、有名どころを利用した場合。料金重視なら、認知度のあまりないところを選んだ方が無難です。しかし、それでも10万円以上は掛かると思ってください。今までどおりジムに通うか、パーソナルジムで確実に痩せるか。どちらを選ぶかは本人次第ですが、費用が掛かる分頑張れるダイエッターもいます。最後のダイエットにしたいなら、後者を選んでも無駄ではないのかもしれません。