どうして痩せないの?有酸素運動の痩せないポイント

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2017年9月22日

私の有酸素運動間違ってる?

体脂肪を減らし、健康的に痩せるためには有酸素運動が必要というのは定説ですね。体内の脂肪の燃焼を促進するため、高いダイエット効果が見込まれる有酸素運動。また全身持久力を養う効果もあり是非日常取り入れたい運動です。でもその通りにウォーキングやジョギング、スイミングを続けているのになかなか痩せない。その効果が得られない。そんなお悩みでお困りの方。あなたのその有酸素運動間違っているかもしれません。でも少しのポイントをおさえれば、そのお悩み解消されます。まずは運動の基本知識からチェックしましょう。

有酸素運動と無酸素運動

有酸素運動は、ウォーキングやジョギング、水泳、縄跳びなどの比較的楽に長時間継続して行う運動です。体内に取り込んだ酸素を使って脂肪や糖質を燃焼させ、エネルギーを発生します。体脂肪を効率的に燃やすためにダイエットとして行われる事が多いですね。一方短距離走や筋トレなどの無酸素運動は、短時間に強い力や瞬発力が必要な運動です。筋肉中のグリコーゲンがエネルギーとして使われ、酸素をほとんど必要としません。なので脂肪を燃焼する効果はあまりありませんが、筋肉量を増やし引き締まった体を作るには効果的です。

痩せない理由~運動時間~

有酸素運動で脂肪燃焼が促進されるのは開始から約20分後です。20分経つと、徐々に脂肪を分解する酵素、リパーゼが増え始め脂肪燃焼を促進するのです。なので最低でも20分以上の運動が必要です。例えば手軽にできる有酸素運動として人気のウォーキング。1度に30分の運動はなかなか難しいかもしれません。でも10分を3回に分けて行っても同じ効果が得られるんです。特別に運動時間を設けなくても、朝夕駅1つ分歩く、昼の買い物のついでに歩く、階段を利用するなど日常にうまく取り入れれば効率的に脂肪燃焼効果を得られます。"

痩せない理由~運動の順番~

程良く筋肉の付いたバランスの良い体を手に入れるためには、有酸素運動と無酸素運動どちらも行うのが良いですね。ただ順番を間違えると、効果は激減してしまいます。まずは筋トレ等の無酸素運動、そのあと有酸素運動の順番が正解です。無酸素運運動をすると成長ホルモン等の物質が分泌され、脂肪を分解します。この分解された脂肪は遊離脂肪酸となって血液中に移動します。この遊離脂肪酸は有酸素運動のメインエネルギーとなって使われます。だから筋トレしてからジョギングするというのは痩せるためにとても理にかなった方法です。"