ウォーキングを極めたい!基礎からしっかりおさらいしよう

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2019年2月23日

歩く前に立つ姿勢をおさらいしよう

いざウォーキングを始めようとすると、歩きかたから先に進めようとしてしまいますが、まずは「立ち姿勢から正す」ことを意識しましょう。基本はしっかりまっすぐ立つこと。

両足を伸ばし、背中を立てて、あごを引いて直立します。頭のてっぺんからかかとまで、一直線に伸びた姿勢であるようにしてください。

ここでは背筋と腹筋が上半身を支えているように、イメージしましょう。そして常にあごは少し引いて、胸を開きます。自分に自信があるように、堂々と胸筋を張ってください。この姿勢を保ちつつ、ウォーキングを始めます。

正しい動きかたについて

正しい足の運びかたを、覚えておきましょう。慣れるまではゆっくりでかまいません。

まず腰から前に動くイメージです。足は必ずかかとから着地します。次に、つま先で地面を蹴りだすように歩いてください。ひざはなるべく伸ばした状態です。

次に上半身ですが、肩の力は抜いてください。腕は振ったほうがリズミカルな感じになります。

さらに呼吸です。コツは「吸うのが1吐くのが2」です。例えば「2秒息を吸ったら4秒吐く」または「1歩息を吸ったら2歩吐く」といった感じです。厳密な呼吸のルールはないので、リズムに乗せてコントロールしてください。

大股でどんどん進む

歩幅が広いほうがウォーキングの効果を高めます。ちょっと歩幅が広いかな?と思うくらいでかまいません。また、速度も早めます。いわゆる早歩きを想像してください。どんどん進むと気分も高まりますよ。

目安としては時速3キロから5キロとされていますが、初心者はそこまで考えずに「大股で早歩き」を意識するだけで大丈夫。しかし正しい動きかたは、しっかり覚えておいてくださいね。フォームが崩れると、思わぬケガや余分な疲労の原因になります。

ウォーキングの途中で分からなくなったら、何度か立ち止まって「正しい立ちかた」から復習しましょう。

持っておくと良いアイテム

ウォーキングのために、アイテムをそろえてしまうのも楽しいものです。「万歩計」を持っておくと、数字で結果が表示されるので、記録をつけるのに役立つでしょう。万歩計は単品でも売られていますし、アプリも公開されています。

または「活動量計」という、1日の総消費カロリーを計測する、便利なアイテムも販売されています。脈を数えるタイプもあり、目的に合わせて購入するのも良いですね。

ウォークマンで好きな音楽を聴きながら走るのは、もはや定番です。アップテンポのグルーヴに乗って体を動かせば、ハイになってストレスも解消できそうです。