ダイエットに効果が期待できる簡単エクササイズ

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2017年9月29日

エクササイズで痩せよう

身体を動かすことは、ダイエットの基本。身体を動かしてカロリーを消費することで体脂肪を燃やし、身体についたぜい肉を減らすことで体重も減っていきます。運動は人によっては苦痛となることも多く、ダイエットで効果が期待できるほどの運動は負荷が高いことも多いものです。キツい運動に拒否反応を示す方も少なくはないのではないでしょうか。しかし、そんな運動が苦手な方、キツい運動が苦手な方であっても、手軽なエクササイズでダイエット効果が期待できる方法もあります。効率良く身体を動かして身体を引き締めることができるエクササイズを日課にしてみては?

簡単エクササイズでお腹を鍛えよう

最もぜい肉が付きやすい一方で、ぜい肉を落としやすい箇所でもあるのがお腹です。いつの間にかお腹にぜい肉がついてしまい、スタイルが悪くなったことを感じている方には、お腹集中エクササイズから始めてみてもいいでしょう。お腹を鍛えるというと腹筋を連想する方も多いでしょうが、単純な腹筋運動はキツいものですし、長く続けられないこともあると思います。

そんな場合におすすめなのが、ドローインです。まっすぐ立ち、お腹を凹ませたままゆっくりとした呼吸を約15秒続けます。これを10セット繰り返しましょう。

ドローインとウォーキングを組み合わせて消費カロリーアップ

ドローインは、お腹を鍛えてお腹周りの脂肪を減らしてたるみ解消が期待できる方法ですが、応用することで消費カロリーを増やすことができます。先述のドローインを30秒続けた状態でウォーキングをすると、消費カロリーが増えるといわれています。つまり、ドローインはウォーキングの効果をアップさせてくれるのです。ドローインは背筋をまっすぐにしたまま呼吸を行う方法ですから、自然と姿勢も良くなります。ドローインとウォーキングを組み合わせる時は、お腹に意識がいきがちなので、正しく歩く姿勢をキープするのがポイントです。

就寝前のエクササイズでダイエット

就寝前に行うエクササイズは、身体を癒やしながらダイエット効果が期待できるので、ベッドに入る前に行ってみましょう。仰向けになったまま両膝を軽く曲げ、脚を上げます。そのまま15秒キープしましょう。慣れてきたらキープ時間を伸ばすと、効果アップが期待できます腹筋の要領で膝を曲げて仰向けになり、おへそが見えるまで上半身を上げて15秒キープするエクササイズも、お腹の脂肪燃焼効果が期待できます。また、仰向けになって片腕と対角線上の脚を同時にまっすぐ上に上げ、10秒キープします。左右で同じ動きを繰り返すと、腕や脚、背筋をバランスよく鍛えられます。