背筋伸ばしで美しいくびれつくり

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動 部分痩せ

2017年9月1日

くびれはどこ?お腹まわりに脂肪がつきやすい理由

少しでもタイトなボトムやスカートを履くと、目立ってしまうのがお腹まわりのライン。女性は男性に比べると骨盤が広く、腹部に脂肪が溜まりやすい骨格ということもあり、くびれを失いがちです。また、出産や加齢を機に、骨盤底筋の力が緩み、骨盤そのものが広がりやすくなります。すると、太ももやお尻、下腹部にかけて脂肪がつきやすくなり、子宮や胃腸などが骨盤に向かい下がることで、ポッコリとしたお腹になるのです。でも、あきらめないでください。トレーニングでくびれを取り戻せる可能性があります。

くびれつくりの前にチェックすること

くびれつくりを開始する前に、ぜひチェックしてほしい部位があります。それは背中です。くびれはお腹まわり、体の正面側とサイドラインを気にしがちですが、実は背中側が鍵を握ります。鏡の前に斜めに立ち、少し上体をひねるようにして背中側のラインをみてください。背中側に、お肉がプニッとあふれていませんか?

肩甲骨からウエストライン、骨盤の上にかけてはどうでしょう。背骨を中心に、左右均等に筋肉が付いていますか?たるみが見られるようでしたら、行方不明なくびれの原因は広背筋のトレーニング不足かもしれません。

くびれつくりトレーニングのための筋肉

くびれつくりのトレーニングとして、積極的に腹筋を取り入れる人が多いと思います。でも、くびれは腹筋だけでつくられるのではありません。背中の大きな筋肉「広背筋」と、腹部のインナーマッスル「腹横筋」のバランスにより保たれるのです。

広背筋は、肩甲骨の下から肋骨の下を通り、背骨から骨盤の中心に向かう、大きな三角形に似た形の筋肉です。ざっくりと背筋と呼んでいる人もいるでしょう。お腹側の腹横筋を鍛えたり保つには、広背筋に支える力がなければなりません。ですので、くびれつくりトレーニングには、このふたつの筋トレが重要です。

くびれつくりトレーニング法

初心者はストレッチからのスタートがおすすめです。筋肉をほぐして血流を良くすると、代謝が良くなりトレーニング効果の向上や、便秘などの消化器系トラブルの改善にもつながるので、デトックスの役割も担います。

はじめのうちは、腕を後ろに回して肩甲骨付近まで上げて指を組み、ゆっくりと息を吐きながら上体を折り曲げるストレッチからスタートしてみましょう。数十秒の姿勢の維持でも、結構きついものです。慣れてきたら、うつ伏せになり上体を起こすトレーニングや、スクワットなどの筋トレに移行します。

急な運動は怪我のもとになるので、美くびれつくりのスタートは筋肉をほぐすことからスタートしましょうね。