くびれ作りに効果抜群!「ドローイン」で細いウエストをGET

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2017年9月1日

実は間違いだらけの腹筋運動

スタイルがいい女性と見ると、まずウエストのくびれに目が行くはずです。誰もがあこがれるくびれですが、なかなかウエスト周りはいうことを聞いてはくれません。ウエストにくびれをつくるためには、お腹周りの筋肉つまり「腹筋」を鍛えなければなりません。腹筋を鍛える=仰向けの腹筋運動となりがちですが、実はこの腹筋運動では半分も鍛えていることにはなりません。これでは、腹筋よりも腰や背中周りの筋肉だけのエクササイズになってしまいます。懸命に腹筋運動をしてもくびれができないのは、間違ったやり方をしているからです。


くびれに必要な筋肉とは

一瞬だけウエストを細く見せようと思ったら、お腹を引っ込めればいいだけです。このときに、内臓を引き上げる働きをしている筋肉が腹横筋です。しかし、内臓を支えることができるほどしっかりした筋肉ではないので、本当にお腹を引っ込めていることにはなりません。腹筋はいわゆるシックスパックといわれるような外からみてわかるようなアウターマッスル(腹直筋)とその内側にある、目に見えないインナーマッスル(腹横筋や腹斜筋)で構成されています。くびれを作るためには、このインナーマッスルを鍛えなければいけないのです。

インナーマッスルを鍛えてくびれ作り

「ドローイン」はお腹をグッと引っ込めた状態のことです。ただ、引っ込めるだけではなく、腹式呼吸をしながらゆっくりとお腹を凹ませるのがポイントです。腹式呼吸によって体の内側から負荷をかけると、通常の腹筋運動では鍛えることができないインナーマッスル(深層筋)が鍛えることができるようになります。このインナーマッスルを鍛えることで、すばやくくびれを作ることができるようになります。また、とても簡単なので、歩いていても、座っていても、立っていてもできます。いつでもどこでもできる「ドローイン」は便利なくびれ作りとなるはずです。



誰でも簡単にできるドローイン

腹部のインナーマッスルは主に腸や腰に関連する大腰筋、腹腰筋、腸骨筋です。これらは体を支えている筋肉で、持久力やスタミナを保つ役割を果たします。普段はあまり意識しない部分ですが、鍛えることで代謝がアップし、むくみがとれ、汗がよく出るようになります。

筋肉をつけるなら、見た目にわかるアウターマッスル(表層筋)かもしれませんが、ダイエットやくびれ作りを目的とするなら、インナーマッスルを鍛えるほうがより効果的です。ピラティスやヨガを続ければ結果は出ますが、時間がかかります。その点、ドローインなら誰でも簡単にできます。