痩せる筋トレは有酸素運動と組み合わせると効果的!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

筋トレはダイエットにどのような効果があるの?

筋トレは筋肉をつけたい人が行うものだから、ダイエットには関係ないと思っていませんか?筋トレは筋肉をつけるためだけでなく、ダイエットをする人にとっても理想的な体を作ります。なぜなら筋トレを行うことで、体の代謝がアップするからです。筋肉をつけることにこだわらなくても、筋トレで確実に代謝がアップしますので、痩せやすい体を作ります。基礎代謝が高くなればカロリーを燃焼するために脂肪が使われる率も高くなります。そのため、寝ていても、家事のちょっとした動作も筋トレをしないときに比べてカロリーを消費するのです。

筋トレと有酸素運動との違い

ダイエットで必要な運動といえば、有酸素運動が思い浮かびますよね。そもそも筋トレと有酸素運動は何が違うのでしょうか?まず有酸素運動とは、20分以上を目安に継続的に体に負担のかからない運動を続けることで、体内に蓄えられている体脂肪を燃やすことです。ウォーキングや軽い水泳などがこれに当たります。一方、無酸素運動と呼ばれる筋トレは、酸素を必要とせずに筋肉を鍛えるために行う短時間の運動で、基礎代謝を増やし、痩せやすい体を作ります。筋トレと有酸素運動と効果は異なりますが、どちらもダイエットには欠かせないことが分かりますね。

筋トレの後に有酸素運動をするのが効果的

筋トレと有酸素運動を効果的にダイエットに取り入れるなら、行う順番や時間をランダムにすると効果はありません。理想的な順番は、筋トレを行なった後に有酸素運動です。この順番を間違えないようにしましょう。なぜなら筋トレで体内の糖分を消費した後の方が、有酸素運動で脂肪の消費がしやすいからです。ダイエットは脂肪を消費して気になるところをサイズダウンすることが目的なので、筋トレで糖分を消費させてから有酸素運動で脂肪の燃焼を行いましょう。注意するポイントとして有酸素運動は筋トレの時間を含まないで20分以上はかけましょう。

ジムに行かなくてもすぐに実践できる筋トレメニュー

では具体的にどのようなメニューが理想的でしょうか。普段あまり運動しない人にとっては30分程度の運動を行うのは億劫ですし、続くかどうかが重要ですよね。初心者の人は特に、筋トレを正しいフォームで行い、軽めの負荷で無理なく行うことに注意しましょう。代表的なのはスクワットや腕立て伏せを10回3〜5セットなど、自分の体力に合わせて行うことです。もし筋肉痛を感じたら次の日は休むなど、筋肉の再生期間は配慮し、毎日行わなくても大丈夫です。有酸素運動はウォーキングやヨガ、ストレッチなど、生活に取り入れやすいメニューを見つけましょう。