どうすればできる?あこがれのくびれ

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動 部分痩せ

2017年9月1日

痩せていても実はくびれがない人も多い

引き締まったくびれのあるウエスト。女性だったら誰もがあこがれますよね。男性にとっても、くびれがある女性に惹かれるという方も多いのではないでしょうか。くびれがあるだけで全身がより細く引き締まって見えるメリットがありますから、キレイなくびれを作るためにダイエットをしたい、と考える女性は多いかと思います。しかし、中にはスリムなのにくびれがない寸胴体型という方も少なくありません。ウエストサイズ自体が太いわけでもなく、無駄な贅肉が付いていないのに、くびれがないために細く見えないこともあり得ます。

食事制限や腹筋だけではくびれは生まれない

痩せればくびれができると思いがちですが、無駄な贅肉を落とすことに成功しても、細くなっただけでなかなかくびれができないことは多いものです。つまり、食事制限をしたり生活習慣を改善したりして体重ダウンに成功したとしても、くびれができるとは限らないのです。

お腹まわりを鍛えればくびれができると考えて腹筋を行うこともありますが、一般的な腹筋運動ではくびれはできないといわれています。腹筋運動では主にお腹の前の部分、いわゆるシックスパックと呼ばれる部分にあたる腹直筋を動かしていますが、この筋肉をいくら鍛えてもくびれはできません。

くびれ作りに大事なのは腹斜筋と腹横筋

ぽっこり出たお腹を引き締めるのには効果的だといわれている腹直筋に対し、くびれを作るのに大事な筋肉は、腹斜筋と腹横筋です。どちらも同じお腹まわりの筋肉ですが、腹斜筋はお腹の横に斜めに、腹横筋は腹斜筋の奥にあるインナーマッスルと称される筋肉です。このお腹の横にある2種類の筋肉を鍛えれば、くびれ作りに効果的!さらに、腹斜筋と腹横筋は基礎代謝アップ効果が期待されるほか、内臓の位置を保持するコルセットのような働きで体幹を安定させたり、腰痛予防に繋がる相乗効果もあります。

ドローインでくびれ作り

腹斜筋と腹横筋を同時に効率よく鍛える方法として、腹式呼吸を取り入れたドローインがあります。ドローインの手順は簡単。背筋を伸ばして立ち、ゆっくり息を吐きながらお腹をへこませます。息を吐き切った後、お腹をへこませたままで呼吸を続けながら30秒キープし、鼻から息を吸ってお腹を膨らませます。ドローインは即効性があることで知られていますから、これを1日10分続けていれば、早いと1週間ほどでお腹まわりが変わってくることを実感できるでしょう。手軽にできるくびれ作りの方法として、ドローインはおすすめの方法です。