どちらを優先?有酸素運動と筋トレの「順番」に目を向けよう

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2017年10月11日

最強!有酸素運動と筋トレの相乗効果とは

ウォーキングにヨガ、水泳にサイクリング…。これらは代謝アップや脂肪燃焼を促す上で、頻繁に用いられる運動法です。特に減量重視の方は、有酸素運動に重点を置く方が多いのではないでしょうか?確かに痩せることと有酸素運動はイコールですが、実は筋トレを有酸素運動の前に行うことで、理想体型へ近付くスピードが格段にアップするのです!今回は、ダイエットにおける有酸素運動と筋トレの相乗効果についてシェアしたいと思います。運動後のアフターケアもご紹介しますので、ぜひ今後のダイエットの参考にしてみてくださいね。

筋トレの重要性とは

酸素を使ってエネルギー消費や脂肪燃焼を促す有酸素運動に対し、ウエイトリフティングなどの筋トレは酸素を使わない強度な運動、即ち無酸素運動になります。無酸素運動は筋力の強化に用いられますが、筋肉太りを避けるために有酸素運動のみを行うダイエッターが多いようです。確かに筋肉自体は重いので体重増加への一因になりますが、それは過度なトレーニングを行った場合のみ。程よい筋肉は、女性のボディラインを美しく際立たせます。カーヴィーな体型にこだわりたい、そう願う方に筋トレというボディメイクは欠かせない存在なのです。

脂質代謝が2割増し?筋トレを優先しよう

上記でも述べましたが、過度な筋トレは筋肉太りに陥りやすくなります。程よく筋肉をつけ女性らしさを保ちたいなら1日おきのトレーニングがベストです。また、筋トレのあとに有酸素運動を行うことで、脂肪燃焼効果も大幅にアップします。筋トレを行うと、体内に備わる血中脂肪酸濃度が高くなります。このタイミングで有酸素運動を行うことにより、脂質の代謝が高まりより多くの脂肪が燃焼されるのです。そして同じ運動時間でも、筋トレを優先させることで脂質の代謝がなんと2割増しに!まさに減量とボディメイクに特化した運動法といえます。

運動後のプロテインで筋肉を修復しよう

筋肉は、私たちが思っている以上にナイーブです。使わない筋肉はどんどん失われ、運動時は必ずといっていいほど損傷します。しかし心配御無用。運動後30分以内にプロテインを飲めば、傷ついた筋肉の修復と筋力アップの実現が可能です。女性にオススメなプロテインは、ズバリ大豆由来のもの。イソフラボンを多く含んだソイプロテインは、ダイエットのモチベーションを左右する女性ホルモンにアプローチします。ホルモンバランスが整うことで、運動へのやる気も格段にアップ!筋肉と女性の健康をサポートする、一粒で2度美味しいダイエットアイテムといえるでしょう。