今すぐはじめたい!股関節のストレッチが身体にいい理由とは?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 運動

2017年9月1日

硬くなった筋肉が動きを鈍くする

私たちは日々、歩く、座る、立つ…という動作をし、体を動かしています。時間と共に体も年老いていき、その事実は誰にも止めることはできません。さらに驚くことに18歳を過ぎた頃から老化が始まると言われていて、体の老化だけではなく、脳、内臓や筋肉にも及んでいきます。中でも筋肉は老化と共に疲れやすくなっていきます。そして疲れた筋肉は硬く変化し、これが間接の動きを制限していきます。体の中でもっとも可動域が大きいのが股関節と肩甲骨です。この二ヶ所を重点的にストレッチすることで動きがスムーズになります。


柔軟性を失った筋肉は痛みをも誘発する

「人は足から老いる」と言います。年を取るほど歩くのが面倒に感じられたり、少し歩くと足腰が痛くなったり疲れたりなど身を持って実感している方もいるかもしれません。でも、それは硬くなってしまった股関節のせいです。血行が悪くなることで「筋肉は硬くなる→動きが鈍くなる→疲れやすくなる→痛み始める」という悪循環を絶つためにも股関節のストレッチを行うことはとても重要です。股関節を柔らかくすることで、歩く、立つといった日常的な動作もスムーズになります。「動ける」ことはとても重要です。「まだ若いからだいじょうぶ」ではないのです。


股関節のゆがみを簡単チェック

股関節のゆがみを簡単にチェックしてみましょう。まず寝転がります。そしてリラックスします。実はこれだけでチェックができます。少しだけ頭をあげて両足のつま先を見てみましょう。開き具合はどうでしょうか。左右共に25~30度程度なら正常ですが、片側だけが広い場合は注意が必要です。たとえば片方の開きが大きいのなら、股関節が硬くなっているということです。これは上半身と下半身のバランスが崩れているということです。腰痛の原因にもなりますので、股関節周りのストレッチを積極的に行えば改善することができます。

体質改善はストレッチの習慣化から

股関節が硬くなっている方は、お尻とハムストリング(=太もも裏側にある4つの筋群の総称)のストレッチを行うようにします。これを行うことで足だけでなく、腰や背中の違和感を解消することができます。いつまでも健康的で、そして美しいボディを作り上げるためには、「伸ばす=ストレッチ」と「鍛えること」です。この2ステップを行うことでさまざまな筋肉に刺激を与え、はじめてバランスのいい、美しい体を作ることができるようになるのです。ただ、ストレッチは続けてやらないと意味がありません。がんばりすぎると飽きるのも早くなりがちなので、無理せず続けることを目標としましょう。