体幹を鍛えるって具体的などんなこと?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2017年10月26日

体幹トレーニングにはどんな効果があるの?

雑誌やネットのニュースなどで取り上げられることも多い体幹トレーニングですが、イマイチよく内容も分からずピンとこない方も多いと思います。シンプルに説明すると、胴体部分の真ん中の筋肉、胴体周りを包んでいる筋肉などの部分を集中的に鍛えることを体幹トレーニングといいます。体幹トレーニングをするとバランス感覚が良くなったり、ケガの予防になったり、運動の基礎能力を向上させることができます。また、寝不足や寝つきが悪い、という方も安眠効果が期待できますので体幹を鍛えることを意識するとよいでしょう。

筋トレが苦手でも体幹は鍛えられる

本格的な筋トレが苦手という方でも体幹トレーニングは可能です。まず、最初に意識しなければならないのが腹式呼吸。腹筋周りは意識しないと鍛えるのが難しい場所です。そこで、まずは腹式呼吸から始めようというわけです。仰向けに寝転がり、膝を軽く立てた姿勢でリラックスしたらゆっくりと息を吸い込みながらお腹を膨らませていき、吸いきったらお腹をへこますことを意識しながら息を吐いていきましょう。重要なのはお腹周りを意識すること。意識して行わないとただの呼吸になってしまい、腹式呼吸ではなくなってしまうので注意が必要です。

腹式呼吸の後に寝たままできるエクササイズ

腹式呼吸ができるようになったらそのまま寝たままの体制でできる運動があります。同じ体制から肩を床につけておくことを意識しながら両膝を同時に右の床面へ倒していきます。倒したら今度は左へ。ウェストをねじって動かすエクササイズなので、腰の筋肉が伸びる感覚があり、気持ち良いと感じるでしょう。体全体をダランと動かすのではなく、ねじりを意識して足を動かしていくことに集中しましょう。この様に寝ながらできるトレーニングのメニューも多く、運動方法も様々なので体幹トレーニングは飽きずに続けることができる気軽なトレーニングなのです。

難しく考えずに軽いトレーニングからはじめよう

簡単に始められる体幹トレーニングですが、続けていくことが重要となってきます。辛いメニューをいきなり組んでしまうと続けていくのも難しくなってくるものです。また、バランスボールやストレッチ用の道具などを取り入れていくのも楽しく続けるコツです。このところ、運動用のグッズは場所をとらないように開発も進んでいるのでコンパクトに収納できて便利なものがたくさん販売されています。バラエティーグッズのショップで選ぶのも楽しいでしょう。また、1週間の中でお休みの日を取り入れて休息することも大切です。楽しく快適に運動を続けていきましょう。