トレーニングの意味とは?心得ておきたいこと

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 運動

2017年9月1日

チャレンジしたらぜひとも続けよう!

体を鍛えたい、シェイプアップしたいという気持ちを持つと、何らかのトレーニングを考えますよね?ジムに通ったり、マラソンをしたり……と、あれこれ方法を想像します。しかし継続しなければトレーニングそのものの意味がありません。張りきったものの三日坊主になった経験を持つ人は「次こそはがんばる!」と思うでしょう。その際にやり方を変えればいいんじゃいかなど、あらゆる方法を試行錯誤しますね。それでもなかなか続かない人は、ちょっと考えてみませんか?トレーニングそのものの意味について、学んでいきましょう。

漠然としたトレーニングはNG!

一気にスレンダー美人になれれば!という理想を持つのはごく自然なこと。しかし急激にスタイルを変えることはとても困難です。これは競技力を上げようとする学生アスリートも考えがちなことです。「とりあえず重いものを持ち上げればいいかな?」と、なんとなくトレーニングを始めてしまい、思ったような成果が出なかったという事例があります。目的に合ったトレーニングをしないと、気持ち的に重くなったり、思ったようなスタイルとは違う体形になることもあります。せっかくがんばったのに、ちょっと悲しくなりますね。

まず最初にどこを鍛えるのか決めておこう!

効率的にスリム化したいのであれば、最初に「どこを鍛えるか決めておく」というのが有効的です。ここをしっかり覚えておいてくださいね。以前、「一生懸命腕立て伏せをしたのに、どうして足痩せしないのか?」という人がいました。それは腕立て伏せは腕の筋力を鍛えるものであり、足には有効ではなかったからです。最初に「足を鍛えたい」と決めたのであれば、足のためのトレーニングについての知識が必要になります。代表的なものではスクワットが広く知られています。このように、鍛えたい部位に合わせたトレーニングを効率的に行うと、時間のロスを防げます。

好きなトレーニングが一番!

現在、たくさんのトレーニング方法についての理論が存在しています。しかし性別や体の状態、年齢などによって、トレーニングの効果には個人差が出ます。もちろん本人の好みも重要な選択肢のひとつになるでしょう。全員にこれが一番いい、こうすればベスト、といったものは存在しないと思ってください。あなたが「短時間で毎日やりたい」のであれば、そういったものを選択すれば良いのですし、逆に「週に数回ハードなトレーニングにチャレンジしたい」のであれば、もちろんそちらをオススメします。体調と気持ちに合わせたトレーニングを習慣化するのが、体を鍛える基本なのです。