簡単にはじめられる効率の良いトレーニング法がしりたい!

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2017年9月1日

フィットネスクラブで行うだけではない、ダイエットのためのトレーニング

太ってしまった体を引き締めるためには、食事制限だけではなく、運動が必要と考える方も多いはず。フィットネスクラブなどでトレーナーによる指導により行うものであれば、体に余計な負担をかけることなく痩せることができるでしょう。しかし、なかなかフィットネスクラブへ通うことができないことができない方も多いはず。その上、費用面で高くつくことも少なくありません。ダイエットに必要なトレーニングは、必ずしも專門のトレーナーが必要というわけではなく、正しい方法さえ覚えば、で費用をかけずに効率良く行えるのです!"

脂肪燃焼が期待できる有酸素運動のいろいろ

脂肪燃焼効果が高いといわれる運動に、有酸素運動があります。有酸素運動は基本的に激しい運動ではなく、長い時間呼吸をしながら続けることができる運動です。最もよく知られている有酸素運動には、ジョギングやウォーキング、水泳などがあります。ジョギングや水泳はあくまでも長く続けられるくらいの運動量が基本で、激しすぎる運動は無酸素運動になってしまいます。有酸素運動には、自宅の中の限られたスペースでも行える踏み台昇降運動も含まれます。20cmまでの踏み台の昇り降りを続けるだけなので、膝への負担が少ない上に運動効果も高い方法です。

有酸素運動を行う時は心拍数を要チェック!

有酸素運動は、脂肪を燃焼させる効果からダイエットへの効果が期待できます。そして、有酸素運動では心拍数も重要です。あまり心拍数が上がりすぎるのもNG!220から自分の年齢を引いた数で出る最大心拍数の60%から80%を目安として、運動を続けるのが良いそうです。短時間だけでは効果がなく、最低でも20分以上の運動が効果的だといわれています。継続して20分できない場合は、10分の運動を2回に分けて行っても良いそうです。有酸素運動は何よりも継続することが大事なので、週3回以上を目安に行いましょう。"

筋トレと有酸素運動の組み合わせでさらに効果アップ

有酸素運動と筋トレ両方を行うと、ダイエット効果が高くなるといいます。無酸素運動の筋トレには有酸素運動のような脂肪を燃やす効果はないとされていますが、筋肉量が増えることによって基礎代謝アップが望め、やせやすい体に近づきます。そのため、筋トレで代謝をアップさせた後に有酸素運動を行うと、より脂肪が燃焼されやすくなります。たとえば腕立て伏せや腹筋などの無酸素運動を行ってから、ウォーキングや踏み台昇降運動を行うとダイエット効果が期待できます。この組み合わせを何度か繰り返しても、脂肪燃焼アップが望めるでしょう。