ダイエット成功でも皮膚のたるみには要注意

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動 部分痩せ

2017年11月8日

体重減少の仕方にご注意を

ダイエットに成功しても気を付けなくてはならない事のひとつとして挙げられるのは皮膚のたるみです。少しのダイエットであれば気にする必要はありませんが、10キロ以上を目安としたダイエットをする場合には体形の変化が顕著に表れます。今までの体形に対応していた皮膚が痩せた体にそのままフィットしてくれるはずもなく、やはりたるみとなって表れてきます。たるんだ皮膚をいきなり元に戻すことは難しいので注意が必要です。大幅なダイエットを予定している方は事前に気を付けておくべきポイントが何点かあります。

たるみを防ぐには

せっかくダイエットしてもたるみができてしまったらショックですね。では、どのようにしてたるみを作らずにダイエットをすればいいのでしょうか。まず、大幅な体重減少を目的としているのであれば、何か月かかけて少しずつ体重を落としていくようにしましょう。一気に体重を落としてしまうと確実に皮膚のたるみが発生します。少しずつダイエットをしていけばたるみを防ぐことができます。それでも最終的に大幅なダイエットをする場合、少しのたるみは発生してしまうこともあります。たるみができても解決方法はありますが、作らないようにするのが1番です。

たるみ予防にマッサージを

たるみ予防に効果的なのはマッサージです。ダイエットをしながら市販の皮膚を引き締めるジェルなどを使い、マッサージをしましょう。できれば毎日行うのが理想です。肌を引き締める効果があるマッサージクリームやジェルはドラッグストアなどでも様々なタイプを見つけることができますので、自分の好みのものを見つけると良いでしょう。保湿効果があるものも多いのでスキンケアが同時にできるのも嬉しいですね。このように、日々マッサージを行うことで引き締め効果が期待できますので、最終的にたるみの予防にも繋がるというわけです。

もうすでにたるみがあるという方には

既にたるみが目立ってしまっているという方は最終的手段として外科的手術もあります。余分な皮膚の切除ということになりますが、大掛かりな手術で回復にも時間を要しますので簡単にすすめられるものではありません。しかし、たるみきった皮膚が悩みの種になってしまうという場合は最終的な手段として考えておくのも良いでしょう。また、大きく伸びきった皮膚でなければエステなどで引き締めが可能な場合もあります。限界はあるものですが、エステの機械に頼ってみるのも1つの方法です。できればたるみが発生しなようなダイエットを心がけたいものですね。