食事制限で皮膚がたるむ!?食事制限ダイエットとたるみの関係

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動 部分痩せ

2017年11月8日

ダイエットの敵!厄介なたるみ

ダイエットする際に気になるのが皮膚の「たるみ」です。たるみはダイエット後の努力の証ですが、二の腕やお腹だけでなく顔に出る事もあり、老けて見られる他にメリハリのないスタイルになってしまう事もあり厄介です。この「たるみ」は、間違ったダイエットが原因でなってしまう事があります。その中でも低糖質ダイエットや一品ダイエットと言った、食事を制限する類のダイエットとたるみの関係性を紹介していきます。食事制限をするダイエットは長年にわたってダイエットの大定番で、年齢・性別問わず人気があります。ですが、たるみとの関連性もあるため注意が必要です。

どうして皮膚はたるむの?

そもそも皮膚が縮んだり伸びたりするゴムのような性質の為に、体をスムーズに動かすことや出産後に元の体型に戻る事が出来ます。なので、太っていくと体が脂肪を蓄える事が出来るように適応して皮膚が伸びていってしまいます。そしてダイエットをした際に、脂肪のみが燃焼され余ってしまった皮膚が「たるみ」のメカニズムの一つです。その為、長い期間太っていて皮膚が伸びてしまっている方や、皮膚が元に戻るスピードよりもはやくに瘦せてしまった方は、皮膚が対応しきれずに余ってたるんでしまう傾向があります。

食事制限のみはとっても危険!

なぜ食事制限が「たるみ」と関係があるかというと、食事制限をしている方は結果(体重の減少)を重視している方が多く、急激な減量をしがちです。これにより皮膚の元に戻るスピードが追いつかず、ダイエットに成功してもたるみが残ってしまう場合があります。他にも、楽に痩せたい・面倒くさい・時間がない等の理由で、運動をせずに食事制限のみで減量をする方がいらっしゃいます。運動をしないという事は筋肉を鍛える事が出来ないので、脂肪はなくなりますが体を引き締める事が出来ない為、結果として余った皮膚がたるんでしまい残念な体型になってしまいます。

いくつかある!たるみの予防法

では、どうしたら皮膚をたるませ無いまま減量出来るのでしょうか。一つは、減量のスピードを適切に行う事です。1か月の減量スピードの理想は体重の5%と言われており、体重60キロの方でも3キロ程と、かなりゆっくりなスピードですがこのペースを目指しましょう。また、皮膚の再生を促し新陳代謝を上げる為にも、有酸素運動や筋トレと一緒に食事制限をした方が、美しく健康的に減量出来ます。たるみやリバウンド防止の為にも、ゆっくりと長期的な食事制限を心がけ、運動をバランス良く取り入れましょう。