ダイエットで皮膚がたるまない方法とは?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2017年11月9日

減量と皮膚のたるみの関係

目標体重への減量が成功したにもかかわらず、その分の皮膚がたるんでしまうことがあります。一度、ベロベロにたるんでしまうとなかなか引き締った皮膚に戻すのは難しいとされています。皮膚のたるみの原因は、急激な減量です。私たちの皮膚の下には脂肪があります。その脂肪の下に筋肉がありますが、通常この脂肪と筋肉がお互いに圧力をかけあっているために皮膚がピンと張っています。ところが急激にカロリー制限をかけたり、痩せたりすると、脂肪が減りますがこの脂肪を支える筋肉もなくなってしまいます。どちらもなくなるために、皮膚がたるむんです。

皮膚がたるまない減量方法とは?

皮膚がたるまない減量をするためには、焦らずに長期的なダイエット計画を立てることが一番です。カロリー制限をするならば、基礎代謝カロリー量の15%減らした量を摂取します。

30代女性の基礎代謝カロリー算出方法は、体重×21.7なので、そこから15%程度のカロリーを日頃摂取している総カロリーからカットします。栄養バランスをよく考え、筋肉を減らさないためにタンパク質を多く摂取するようにしましょう。食事、良質の睡眠と同時に有酸素運動など筋肉を柔らかくほぐし、落とさないといったように、脂肪を落としながら筋肉を付ける努力をします。

とにかく代謝を上げることがたるみ防止になる!

皮膚のたるみを防ぎながら減量するためには、とにかく代謝を上げることです。脂肪燃焼に最も適しているのは、ウォーキングやジョギング、スイミングなどの有酸素運動です。一方、筋肉量を増やす運動が筋トレや短距離走といった運動が無酸素運動です。これらの運動を上手に取り入れて、まずは代謝を上げて脂肪燃焼と筋肉増量を目指します。急激な減量で皮膚がたるまないためにも筋肉をつけます。また、良質の睡眠も代謝をあげます。睡眠をしっかり取れないと、ホルモンバランスが乱れて代謝が低下します。このように、ダイエットに良質の睡眠は必須です。

生活習慣を見直すことで無理な減量をしない!

減量で皮膚がたるむのは、急激で無理な減量のためです。急激に皮下脂肪が減ることで、その減り方に追いついていけない皮膚がたるみとなってしまうのです。無理なカロリー制限などではなく、ダイエットの方法を生活の見直しとしてみてはいかがでしょうか。今までの無節制を改めて、どういったライフスタイルが代謝を上げるのかを今一度見直すことが必要です。飲酒、喫煙も代謝アップにはあまり良くありませんね。長期的に目標体重をクリアするためには、急激な変化を見られずに気持ちを保つのが一苦労ですが、焦らず根気強く継続しましょう。