辛い筋肉痛。そんな時筋トレやっていい?筋トレと筋肉痛の関係

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

筋肉痛がやってきた!

今よりも引き締まったスリムな身体を目指すためには日々の筋トレは欠かせません。基礎代謝量の半分以上は筋肉で消費されます。筋トレによって筋肉が大きくなれば基礎代謝も上がり安静時にもエネルギーを消費しやすくなります。そして体脂肪を蓄えにくい痩せやすい身体になるのです。筋トレなくして理想のスタイルは手に入らないと言っても過言ではないでしょう。ただ日々筋トレを続けているとどうしても避けて通れないのが、筋肉痛。特に今まで運動してこなかった人であればなおさら筋肉痛に悩まされることに。ではこの筋肉痛どうして起こるのでしょうか?

筋肉痛はなぜ起こる?

筋トレに限らず激しい運動をすると、その動作の刺激から筋肉には小さな傷ができます。その瞬間はあまり痛みは感じませんが、その傷付いた部分を再生しようとする炎症反応が痛みを生むとされています。これが筋肉痛です。炎症反応にはある程度時間がかかるため、私たちが筋肉痛と感じる痛みは遅れてやってくると言うわけです。歳をとると筋肉痛が若いときより数日遅れで起こることがありますね。この原因ははっきりとはわかっていませんが、加齢により炎症反応が鈍くなり、炎症の進行具合も遅くなったためではないかと考えられています。

筋肉痛のときに筋トレはやっていい?

筋肉痛は、筋のダメージによる「炎症」なので、痛みが引いてないと言うことは傷付いた筋肉が元の状態以上に回復していないと言う目安です。なので筋肉痛があるうちは筋トレはお休みしましょう。個人差もありますが、この超回復は約48~72時間かかるとされています。だいたい中二日空けての筋トレ再開が良いペースです。ただもっと毎日筋トレしたい!と思う人は、鍛える部位を変えて行うことがお勧め。今日は脚、翌日は背中というように日ごとに部位を変えることで、筋肉痛が起こっている部位を休ませ、十分に回復させる事が良いでしょう。

筋肉痛を和らげたい

まずはお風呂。熱いお湯はかえって筋肉を疲れさせ筋肉痛を悪化させることもあるので、ぬるま湯がお勧めです。入浴後は軽いマッサージで血行を促すもの効果的。また睡眠も大切です。筋肉の修復に必要な成長ホルモンの分泌は22時~翌2時。この4時間、しっかり睡眠を取ることが重要です。そしてお酒はちょっと控え気味にしましょう。アルコールを分解するために、身体は大量のたんぱく質を必要とします。そうなると筋肉を修復するために必要なたんぱく質が不足し筋肉の回復に時間がかかり、結果筋肉痛も長引くことになってしまいます。