リバウンドに負けないコツは筋肉づくり

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 運動

どうしても繰り返すダイエットのリバウンド

極端な減量、行き過ぎた食事制限ダイエットは、一時的に体重がぐっと減るかもしれませんが、いちばんリバウンドしやすいダイエットです。体重が減るということは、体脂肪が減りますが、確実に筋肉量も減っています。筋肉量が減るということは、基礎代謝が落ち、脂肪が燃えにくい状態となってしまいます。食事制限によって、栄養不足に陥り、あらゆる体内機能も弱くなっています。同時に、食べたい欲求が増しながら「食べられない」といった欲求不満が募り、なにかのきっかけでどか食いや、ダイエット休息日などと理由付けてはつい食べ過ぎてしまうなんていうリバウンドを引き起こしてしまいます。

リバウンドのしくみ

リバウンドのいちばんの原因は、極端な食事制限によって筋肉量が減ることです。体重とともに筋肉量が減ります。ダイエットで結果を得られた後に食事量を元の量に戻したときに消費する力がなく、あっという間に体重が増えリバウンドしてしまいます。「食べられない」といった我慢が解けたときに、さらにリバウンドに拍車がかかります。そんなに量を食べていなくても、筋肉が減っているだけで消費出来るカロリーが少なくリバウンドしやすい体になってしまいます。減った筋肉量とともに基礎代謝も落ち、脂肪もカロリーも燃えにくく、結果的に痩せにくい身体を作ってしまっています。

体重の減量よりも筋肉を作ること

筋肉の量を減らさないこと、筋肉を作っていくことがリバウンドをしないダイエットのコツです。目先の数字を減らすことばかり気にせずに、身体を支える筋肉をまず作ることからダイエットを始めてみましょう。身体の大きな筋肉として、体幹の筋肉、太ももの筋肉を鍛えることで代謝が上がります。体幹の筋肉、太ももの筋肉が鍛えられると、より脂肪を燃やしやすく、カロリー消費がしやすい身体を作っていきます。そこから、ご自身が細くしたい部位、引き締めたい部位のストレッチや筋肉トレーニングで絞っていけば見た目に大きく変化のあるダイエットになるでしょう。

筋肉トレーニングとジョギングの組み合わせ

極端な食事制限のみのダイエットは、必ずいずれかのタイミングでリバウンドを引き起こします。無理のない食事制限、栄養バランスの良い食事制限をしながら、筋肉トレーニングとウォーキング、それからジョギングと組み合わせていけば確実に身体が引き締まり、ダイエットに成功するでしょう。身体の筋肉をまず作ること、それがダイエットの準備段階です。ウォーキング、ジョギングで仕上げをするといったように、身体作り、筋肉作りをおすすめします。

それには、すぐに結果を求めずに長期的視野でダイエットに取り組むこと、健康的に身体を一から作っていくといった意識で臨むことが大切ですね。