ぽっこりお腹とはこれでおさらば!お腹を引き締める方法って?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動 部分痩せ

2017年9月1日

実はお腹は一番痩せにくいと言われている場所

ダイエットをしている人の永遠の悩みであるぽっこりお腹。運動をしているのに中々ポッコリが解消されないと悩んでいる人も多いでしょう。実はお腹の部分は普段のトレーニングなどからも分かるように運動量が伝わりづらく、動きが少ないため中々体脂肪が燃焼されないのです。ですが、しっかりとした知識を仕入れて対策を行えば瞬く間にその成果が表れる可能性があるのもまたお腹周りです。ポッコリが治らないとあきらめるのではなく、しっかりとしたやり方をおぼえてチャレンジしてみましょう。

そもそもお腹がポッコリする原因とは?

そもそもなぜぽっこりお腹が生まれてしまうのか?実はお肉などの脂肪が付きやすいのでは?と疑われる食品を抜けばいいというだけではないようです。脂肪がつくのが嫌だからと、健康的な脂肪を含む食品なども抜いてしまうと帰って脂肪がたまりやすい体になってしまう可能性があります。バランスよくしっかりとした食事も重要でしょう。そしてお腹が膨らんでいるからとお腹周りのトレーニングばかりをしていると、ただ筋肉がつくだけでしっかりと脂肪が燃焼されない可能性が出てきてしまいます。お腹ポッコリの原因は必ずしも脂肪というだけではないのです。

もちろんトレーニングは効果的!誰もが知るものをしっかりと

上記でも説明したとおり、トレーニングはその順番が大事だと考えられます。最初にお腹だからと言って腹筋運動を始めるとそれはいわゆる無酸素運動であるため、筋肉はつきますがあまり脂肪は燃焼されません。最初にやるべきはマラソンや水泳などの有酸素運動でしょう。こちらは脂肪燃焼促進の効果があるため、有酸素運動をしてから腹筋運動などをするとより効果的な解消法になると考えられます。少しつらいようなら歩くだけでも十分に効果的な有酸素運動になります。まずは何分からと時間を決めて継続してチャレンジしていくことが重要でしょう。

痩せやすい体を作るのも大事。食生活から改善を

トレーニングだけではただ痩せるだけでしばらくするとまた元に戻ってしまうことも考えられます。そこで大事になってくるのが痩せやすい体を食生活から作っていくということでしょう。まずその体を作るには基礎代謝を上げる必要がります。そこで筋肉が必要になってきますが、脂肪の燃焼を助ける作用がある納豆や豆腐、牛乳やほうれん草などの食材を食べることがお勧めです。食べるだけで筋肉増量効果があるとされていて、それに加えて脂肪の燃焼も助けてくれるわけですから、一石二鳥でしょう。