有酸素運動はマラソンがいい?それとも水泳?2つの長所を徹底解剖

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 運動

2017年9月1日

そもそも有酸素運動はなにがいいの?そのダイエット効果とは

そもそも体を動かすエネルギーを作り出すには、人は酸素を使用しそれに脂肪や糖質を燃焼させています。つまり効率よく脂肪を燃焼させるにはその状態を作り出せる有酸素運動が最適だということになるでしょう。筋肉はその運動をするために最適なモノしかつかないため、無駄な所にはつかず体が盛り上がったりしてしまうこともないと考えられます。尚且つ心肺機能などの向上なども見られるため、体力もついていき普段の生活も過ごしやすくなってくるでしょう。引き締まった痩せた体に、すがすがしい気持ちで日々を過ごせる。ダイエットのみならず私生活にも影響を及ぼすのがこの有酸素運動なのです。

有酸素運動の仕組みとは。体の中ではどうなっている?

有酸素運動とはその字の通り、普段よりも酸素を多く取り入れながら行う運動のことを指します。多く酸素を取り込んだことにより、その分体内にある糖質や脂肪などを燃焼しやすくなり、ゆっくりとしたエネルギーを生み出すことが可能となります。さらに乳酸が蓄積しにくくなるため、無酸素運動と呼ばれる筋力トレーニングなどと違い疲れが蓄積しにくいのも利点の1つでしょう。さらに途中からエネルギー源が脂肪に切り替わっていくので長時間運動を続けることも可能となるのです。それがまた脂肪の燃焼に繋がるサイクルを作り出し、ダイエットには最適な効果を生み出していくのです。

風や時間の変化を感じたいなら、マラソンで決まり

そんな有酸素運動には何を始めればいいか迷っている人も多いと考えられます。そんな人にはオーソドックスですぐにできる2つの有酸素運動がいいでしょう。まずは靴と服さえあればできるマラソン。有酸素運動の代表格ともいえるのがこのマラソンでしょう。酸素をしっかりと取り込みリズムよく呼吸をすることで、心肺機能の強化。さらにはダイエットにも最適です。走るのがつらい人は距離を短く設定してもいいですし、歩いても大丈夫でしょう。大事なのは時間。脂肪が燃焼し始める20分以上を目安として継続して行うことが重要になってきます。

しんどい人もこれで安心。手軽にしっかり運動できる水泳

走るのはちょっと…と考えている人にはこちらも有酸素運動の大定番と言える水泳がいいでしょう。水泳は水の中を歩いたり、走ったりするだけでも水圧により体に自然と負荷がかかるため効果的といわれています。さらに酸素を多く取り込みながら体を水の中で動かしていくためマラソンと同じように有酸素運動の効果をしっかりと感じることができるでしょう。自分で負荷をかけるのではなく水が自然と負荷をかけてくれるため、ちょっとめんどうだったりすぐに挫折してしまいそうな人には効果的です。後は続けようという気持ちだけが必要になってきます。