ヨガは有酸素運動なの?ヨガで痩せられるのは本当か

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

生活習慣 運動

2017年12月31日

そもそもヨガって何?

ヨガは世界的に人気があり、その理由の一つにダイエット効果が期待できるということが挙げられます。ヨガは有酸素運動という運動としてダイエットに取り入れられることも多いですが、果たしてヨガは運動なのでしょうか?そもそもヨガとは、古代インド発祥の心身鍛練の方法で、姿勢(ポーズ)・瞑想・呼吸法を組み合わせ心身を安定させ安らぎを得るためのものです。ヨガには筋肉をほぐしたり体を温めるストレッチ的な要素もありますが、本来のヨガは宗教と深い関わりがあるため、瞑想や思想といったメンタル面にも深い繋がりがあります。

有酸素運動とは?

ヨガが当てはまるかも知れない有酸素運動とは、どんなものなのでしょうか。有酸素運動とは、酸素をエネルギー源として脂肪を燃焼させる効果のある、強度の低い長時間継続可能な運動のことを言います。有酸素運動の効果として心肺機能の強化・改善、基礎代謝アップ、ストレスの発散・緩和などが挙げられます。有酸素運動として有名なのが、ウォーキング・ジョギング・サイクリングなどで、どれも趣味で行っている方も多い続けやすい運動です。どの運動でも強度や継続時間で、無酸素運動や有酸素運動になることがあり両方が含まれていることがほとんどです。

ヨガは有酸素運動になるのか?

「ヨガは有酸素運動なのか」というと、実はハッキリと断言し難いです。なぜならヨガの定義に運動というものはなく、もともとの目的がダイエットとは異なります。ヨガは思想など日常生活のすべてを「ヨガ」という生き方として取り入れ、心身を安定させたり鍛える目的のものなので、痩せるなどのダイエット目的はありません。ですが、ヨガには有酸素運動と同様の効果が期待できるため、ダイエットにもちいられるようになったのではないでしょうか。運動目的ではないため、逆に運動が苦手な方や筋力が少ない女性に人気が出たのかも知れません。

良い事いっぱい!ヨガの効果

最後にヨガの効果について紹介していきます。ヨガは体全体の筋肉を使うため筋力向上による基礎代謝アップが期待でき、冷え性改善やむくみ予防にも効果的です。他にも、意外と大量の汗をかくのでデトックス効果や、インナーマッスルを鍛えることで姿勢を良くする矯正効果、ストレス発散・緩和効果などが期待できます。矯正の効果で腰痛予防や肩こり改善にもなり、ダイエット以外の目的でも様々な効果を望めます。ダイエット目的の場合は、他の有酸素運動や筋トレと併せてリラックス効果やストレス発散目的でヨガを取り入れてみると良いでしょう。