ダイエットにおける有酸素運動と無酸素運動とは?

1 Star2 Stars3 Stars4 Stars5 Stars
Loading...

運動

2017年9月1日

有酸素運動とは

ダイエットを手軽に、効果的にするために有酸素運動を取り入れたいと考えている人は多いですね。有酸素運動とは、酸素を体内に取り入れてエネルギーを生み出す運動のことをいいます。軽く身体を動かすウォーキングやジョギングなどは、有酸素運動の代表的な運動です。また、水泳なども身体に良い有酸素運動として人気が高いです。呼吸とともに酸素を身体の中に取り込み、エネルギーをゆっくりと燃焼させます。体内の糖質や脂肪を燃焼させますから、血行が良くなり、免疫力が上がる、新陳代謝が活発になるなどダイエットやアンチエイジングなどに効果が期待出来ます。

無酸素運動とは

無酸素運動は、逆に酸素を要しない運動です。一言でいうと、筋肉に強い負荷をかける筋トレです。酸素を必要とせず、短時間に瞬発的にエネルギーを要します。筋肉量を増やして基礎代謝を高める運動としては、短距離走などの陸上競技、ウェイトリフティング、筋肉トレーニングなどが挙げられます。これらの運動は、筋肉を動かすために酸素を使わずに、糖をエネルギー源として利用します。同じダイエットでも、ウェイトアップしたい場合は無酸素運動でパワーを付けることをおすすめします。筋肉量が上がることで基礎代謝が上がり、太りにくい身体となります。

ダイエットに効果的なのは有酸素運動

ダイエットだけではなく、健康にも良いとされる有酸素運動。この有酸素運動を日常に取り込むだけで、健康的に太りにくい身体を手に入れることが出来ます。ダイエットに効果的な有酸素運動でおすすめがウォーキングですね。ウォーキングは、筋肉に負担がかからず手軽に始めることが出来ます。ゆっくりと歩くことで、酸素をより多く、長時間体内に取り込むことが出来ます。エネルギーを長く必要とするために、無酸素運動よりも有酸素運動の方が肪燃焼しやすい運動ですね。継続的に、筋肉に弱い力がかかり続けることがダイエットに効果があります。

おすすめ有酸素運動

ダイエットにおすすめの有酸素運動は、ウォーキングです。そのほか、エアロビクスやエアロバイク、スイミングなどが挙げられます。ゆっくりと時間をかけて体内に酸素を取り込むことで、体脂肪を燃焼出来るのです。脂肪燃焼の割合が糖質よりも多くなると効果を得られるといわれています。ウォーキングといっても、少しきつめに身体を動かすことで、より脂肪が燃焼されやすくなります。運動強度が高くなることでエネルギーが消費されることからも、ゆったりとした有酸素運動に筋肉トレーニングのような無酸素運動を取り込むことでよりダイエットに効果が期待出来るでしょう。